NEWS

鈴鹿10時間耐久レース / エンジントラブルにより無念のリタイア

2018/08/26

8月24日~26日に鈴鹿サーキットで開催された「第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー / アール・バンバー)は、ドライバー3人の合算タイムによる公式予選Q1を12位で通過、上位20台で争われるQ2のポールシュートアウトではアール・バンバー選手がアタックを担当し19位。決勝レースでは、10時間の長丁場で粘り強い追い上げを狙っていましたが、レース序盤に発生したエンジントラブルにより無念のリタイアとなりました。沢山のご声援をありがとうございました。

AD85E7E1-7A20-42EF-8208-0327218E9D25

A8E1C171-B719-4729-BA68-688CFE94BB63

■藤井誠暢のコメント
初挑戦となった鈴鹿10時間耐久レースは残念ながらリタイアに終わりました。申し訳ありません。フリープラクティスからマシンバランスに苦戦していましたが、チームやスヴェン選手、バンバー選手と協力して、各セッション毎にバランスは改善されていきました。決勝ではこの週末で最も良いバランスに仕上がっていて、追い上げに自信がありました。しかし、自分のスティントではドライブスルーペナルティを受けてしまったり、バンバー選手のスティントでは不運なエンジンブローに見舞われる等、流れを掴めずリタイアとなりました。暑い中、本当に沢山の応援を頂きありがとうございました。今回の分も残りのSUPER GT3戦でしっかりと結果に繋げていきたいと思います。引き続きご声援を宜しくお願いいたします。

2018年 SUPER GT 第5戦 / チーム力を発揮し7位入賞、今シーズン4度目のポイント獲得!

2018/08/05

8月4日~5日に富士スピードウェイで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT 第5戦」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式予選Q1を13位で通過、Q2で8位を獲得。決勝レースでは、500マイル(約800kmの)の長丁場でチーム力を発揮し7位入賞でフィニッシュ。今シーズン4度目のポイントを獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第6戦は9月15日~16日にスポーツランドSUGOにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

38405261_1764142920370666_393351710766006272_o

38487541_1765879823530309_4312253504279281664_o

■藤井誠暢のコメント
今回も沢山のご声援をありがとうございました。ハンディウエイト46㎏の影響もあり、苦しいレースを予想していましたが、予選8位→決勝7位は、今回の与えられた状況の中ではベストなリザルトだと思います。チャンピオンシップに踏み留まるには再び表彰台が必要です。次戦のSUGOはコーナリング性能が向上したMY18モデルのポルシェとの相性も期待できると思いますので、万全の準備で開幕戦に続く2度目の表彰台を狙いたいと思います。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

NEXTPREV