NEWS

2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズ参戦体制のお知らせ

2020/08/26

藤井誠暢は、2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズにD’station RacingよりAston Martin Vantage AMR GT3で参戦することが決定いたしました。

参戦体制等は下記の通りです。
沢山のご声援を宜しくお願いいたします。
news2020082601
■藤井誠暢のコメント
D’station Racingより2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズに参戦できる事を嬉しく思います。昨シーズンはニュルブルクリンクVLNシリーズとの日程重複等もあり後半3戦のみに参戦しましたが、最終戦を優勝で終えることができました。今年は開幕戦の富士24時間レースから好スタートが切れるよう、星野選手、近藤選手、元嶋選手やチームと共にベストを尽くしたいと思います。今シーズンも沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

■チーム体制
・エントラント : D’station Racing
・車両 : Aston Martin Vantage AMR GT3
・マシン名:D’station Vantage GT3
・ゼッケン : 777
・D’station Racingチームオーナー : 星野 敏
・チーム総監督 : 佐々木 主浩
・ドライバー : 星野 敏 / 藤井 誠暢 / 近藤 翼(第1戦 D 元嶋佑弥)
・テクニカルサポート:Aston Martin Racing

■開催スケジュール
・9/4-6 Round1 FUJI
・10/10-11 Round2 SUGO
・10/31-11/1 Round3 OKAYAMA
・11/21-22 Round4 MOTEGI
・12/12-13 Round5 AUTOPOLIS
・1/23-24 Round6 SUZUKA

■2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズ参戦体制発表プレスリリース
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/20200826.pdf

2020年 SUPER GT 第3戦 / 今シーズン2度目のポイント獲得!

2020/08/24

8月22日~23日に鈴鹿サーキットで開催された「2020 AUTOBACS SUPER GT 第3戦」
#9「PACIFIC NAC D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ケイ・コッツォリーノ)は、公式予選では選択したタイヤと路面とのマッチングに苦戦しQ1敗退の22位。決勝レースでは苦しい中で粘り強いレースで追い上げ10位入賞でフィニッシュ。今シーズン2度目のポイントを獲得いたしました。

沢山のご声援頂き本当にありがとうございました。
次回のSUPER GT第4戦は9月12日〜13日にツインリンクもてぎで開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

news2020082401

118034380_3204387723012838_7152944144061976590_o

■藤井誠暢のコメント
路面温度の高い鈴鹿という事で、タイヤ選択がとても難しいレースでした。予選では下位に沈んでしまいましたが、決勝では苦しい中でもチームの頑張り、後半を担当したケイ選手の追い上げもあり、22位から10位まで追い上げポイント獲得で終えることができました。マシンのセットアップもタイヤとの合わせ込みも、レース毎に一歩一歩前進しています。残り5戦では更にレベルを上げ、必ず望む結果を得られるように邁進します。引き続き応援宜しくお願いいたします。

2020年 SUPER GT 第2戦 / 2戦連続の10位フィニッシュもペナルティで降格

2020/08/10

8月8日~9日に富士スピードウェイで開催された「2020 AUTOBACS SUPER GT 第2戦」
#9「PACIFIC NAC D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ケイ・コッツォリーノ)は、公式予選でQ2へ進出し14位。決勝レースでは序盤から少しずつ順位を上げポイント圏内の10位まで追い上げフィニッシュ。しかし、レース後に競技結果に40秒加算のペナルティを加算され19位降格となりました。

沢山のご声援頂き本当にありがとうございました。
次回のSUPER GT第3戦は8月22日〜23日に鈴鹿サーキットで開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

117178980_3166323723485905_6708509269054340968_o

116904227_3162581630526781_5612508339678470621_o

■藤井誠暢のコメント
結果的に上位進出ができず悔しいレースとなりました。しかし、マシンやタイヤの状況は開幕戦より前進していますので、次戦の鈴鹿では上位で戦えるように努力を重ねていきたいと思います。レース結果はタイムペナルティによる降格で19位となりましたが、内容的には2戦連続でポイント獲得ができたと思います。チームスタッフのピットワークも素晴らしく、今後に繋がるレースになりました。