NEWS

2018年 SUPER GT 第8戦 / 7位入賞、2年連続チームランキング7位で2018年シーズンを終える

2018/11/11

11月10日~11日にツインリンクもてぎで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT 第8戦」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式予選はQ1突破へ僅かに届かず16位。決勝レースではチームの総合力を発揮し7位まで追い上げてフィニッシュ。ドライバーズランキング9位、チームランキング7位で2018年シーズンを終えました。

今シーズンも沢山のご声援を頂きありがとうございました。

45878521_1903256363125987_6857704617153658880_o

45878507_1903255626459394_1774371407975677952_o

■藤井誠暢のコメント
優勝を狙って挑んだ最終戦のモテギでしたが、結果的に7位入賞に終わりました。今シーズンを振り返ると、開幕戦で2位表彰台に登ってから安定してポイントを獲得できているものの、表彰台には届かない苦しいレースが続いていました。とはいえ、その中で、安定してポイントを重ね、まだSUPER GTへ挑戦して2年目のD’station Racingが2年連続チームランキング7位を獲得できた事はチーム力の高さを証明できていると思います。スヴェン選手とも2年目となり昨年以上に深い信頼関係で共に戦う事ができました。最後になりますが、今年も素晴らしい環境でSUPER GTを戦わせて頂いた星野チームオーナー及びチームの母体であるNEXUSグループ様、スポンサー各社様、佐々木総監督や武田監督をはじめ、高根エンジニア、メンテナンスを担当するKTRの皆、フレッシュエンジェルズの皆、そして、一年間素晴らしいタイヤを準備してくださったヨコハマタイヤ様、ポルシェバイザッハから毎レース日本へ来てくれたエンジニアのマックスやパートナーのスヴェン。そして、いつも熱い応援をしてくださったファンの皆さん、今シーズンも沢山の方々のサポートを受けて戦う事ができました。一年間、本当にありがとうございました。

2018年 ピレリ・スーパー耐久シリーズ 第6戦 / スーパー耐久プロジェクトの最終戦で優勝!有終の美を飾る!

2018/11/05

11月3日~4日に岡山国際サーキットで開催された「2018年ピレリ・スーパー耐久シリーズ第6戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、公式予選4位より、3時間の決勝レースで逆転優勝。2012年より始まったKONDO RACING&日産自動車大学校の共同プロジェクトの7年間にわたるスーパー耐久での最後のレースを優勝で締めくくり、2018年はシリーズランキング2位で終えました。沢山のご声援をありがとうございました。

2018_ST6-03348

C5EBEC67-7F19-4546-AE42-8453E65A8176

■藤井誠暢のコメント
先ずは、2012年から7年間このKONDO RACING&日産自動車大学校のスーパー耐久共同プロジェクトへドライバーとして関わらせて頂けた事に心から感謝をしております。学生と共に毎戦・毎シーズン、成長を重ねてこれたお蔭で、計10勝、表彰台25回、シリーズチャンピオン1回。組織としてのこのプロジェクトの総合力がリザルトにも証明されていると思います。延べ1万人もの学生と関わる事ができ、私にとっても大変貴重な経験になりました。そして、このプロジェクトにとって最後のスーパー耐久レース。ある意味「卒業式」。この重要な節目のレースを、プロジェクトの集大成として全ての方々の力が一つになり優勝で終えられ本当に嬉しく思います。これ以上にない最高の「有終の美」だと思います。そして、SUPER GTへと新たな挑戦を開始する、このプロジェクトの将来の展望もとても楽しみです。全ての皆様に心から感謝をしております。本当にありがとうございました。