NEWS

2016年 スーパー耐久 第3戦 / 3位表彰台獲得、前半戦を終えてシリーズランキングトップを維持

2016/06/13

6月11日~12日に鈴鹿サーキットで開催された「2016年スーパー耐久シリーズ第3戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、公式予選で2戦連続のポールポジションを獲得。決勝レースでは好スタートを決め序盤からレースの主導権を握るも、ウェットコンディションでのマシンバランスに苦しみ3位表彰台で終えました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のスーパー耐久第4戦は9月3日〜4日に富士スピードウェイで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20160614-211934.jpg

20160614-211903.jpg

■藤井誠暢のコメント
今回の鈴鹿戦を前にGT-R勢に性能調整が入った事もあり苦しいレースを覚悟していました。しかし、予選ではマシンバランスが完璧に決まり、自分でも驚くような好タイムを記録できBドライバー予選のトップタイムを記録。そして、Aドライバー予選の内田選手の好タイムもあり、合算では2位に1秒3秒もの大差をつけて2戦連続のポールポジションを獲得できました。決勝に関しては、ドライ⇒ウェットとコンディションが変化する難しいレースでしたが、ウェットでのマシンバランスに苦しむ中、終盤は運にも恵まれ3位で終えられ、苦しい中で得た表彰台を率直に嬉しく思います。これで前半戦となる3戦が終わりました。優勝2回、3位1回、ポールポジション2回、全レースで表彰台獲得。2016年の24号車「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」の速さと強さを結果で証明できていると思います。もちろん、前半戦を終えて現在もシリーズランキング1位を維持しています。この結果は、スリーボンドさんを始めとするチームスポンサー各社様の後押し、チームスタッフとして各レースでチームをサポートしてくれている日産自動車大学校の学生の皆、KONDO RACINGの全チームスタッフ、そしてファンの皆様のお陰です。次戦は9月の富士。このインターバルの間も平峰選手、内田選手、チーム、そして学生の皆と共に、後半戦へ向けて万全の準備をしていきます。引き続き応援宜しくお願いいたします。