NEWS

「第83回ル・マン24時間レース」へ#49 KCMGよりリザーブリスト1としてへエントリー

2015/05/28

藤井誠暢は、2015年6月10日~14日にフランスのル・マンで開催される伝統ある24時間レース「第83回ル・マン24時間レース」へ#49 KCMGよりリザーブリスト1としてLMP2クラスへエントリーしております。

参戦体制等は下記の通りです。
日本から熱いご声援を宜しくお願い申し上げます。

< KCMG×D’station Racingプレスリリース >
http://www.kcmg.com.hk/?p=5247

KCGM_Dstation_ORECA10391045_680648245340023_3009307917729964793_n

■チーム体制
Team : KCMG×D’station Racing
Machine : Oreca 03R-Judd
Machine No : 49
Tire : DUNLOP
Driver : Tomonobu Fujii, Satoshi Hoshino, Christian Klien

■藤井誠暢のコメント
KCMG×D’station Racingとともに憧れのルマン24時間レースへ挑戦できる可能性がある事にとても興奮しています。今はまだリザーブリストではありますが、24時間レースへの出場へ向けて今週末のテストデーで十分な走行を重ねたいと思っています。これまで日本のSUPER GTをメインフィールドとして活動してきましたが、ドバイ24時間、デイトナ24時間等、海外での24時間レースにも挑戦してきました。もし出場枠が得られた場合、これらの経験をル・マン24時間に活かして、自分の役割に集中したいと思っています。チャンスを頂いたKCMGやD’station Racingに深く感謝しています。

■スケジュール
1) 2015年5月31日 / テストデー
2) 2015年6月10日~15日 / 第83回ル・マン24時レース

■関連サイト
24 Hours of LeMans – Official Website
http://www.24h-lemans.com/en/

FIA World Endurance Championship − Official Website
http://www.fiawec.com/

KC Motorgroup Ltd. (KCMG)
http://www.kcmg.com.hk/

スーパー耐久 第2戦 / アクシデントを跳ね除け4位入賞

2015/05/26

5月22日~24日にスポーツランドSUGOで開催された「スーパー耐久シリーズ第2戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」( 星野敏 / 藤井誠暢 / 岩崎祐貴 )は、公式予選でのアクシデントにより最下位。決勝レースでもアクシデントに見舞われる苦しいレース展開ではありましたがチーム力を発揮し4位完走。貴重なポイントを獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のスーパー耐久第3戦は7月3日〜5日に富士スピードウェイで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

news_15052601news_15052602

■藤井誠暢のコメント
今回のSUGO戦は24号車にとって非常に苦しいレースとなりました。度重なるアクシデントが起こりましたが、チームスタッフや日産自動車大学校の学生スタッフの素早いサポートのお蔭で諦めずにレースを戦った事が4位という成績に繋がりました。心から感謝しています。そして、ライバル勢にもアクシデントやトラブルが襲い掛かる中、ノートラブルで戦う事ができたのは、24号車の高く熟成したチーム力のお蔭だと思います。今回のレースは苦しい内容でしたが、手堅く4位のポイントを獲得できました。特に今回のポイントはシリーズ争いを考えたうえで非常に重要なもになると思います。そして、次回の富士はGT-Rの持つ速いストレートスピードを発揮できる有利なサーキットです。8時間の長丁場でボーナスポイントもありますので、次回は優勝を狙えるようチーム一丸となり頑張っていきます。

SUPER GT 第2戦 / 上位進出を狙うもマシントラブルで無念のリタイア

2015/05/04

5月2日~3日に富士スピードウェイで開催された「2015 AUTOBACS SUPER GT 第2戦」
#21「Audi R8 LMS ultra」(リチャード・ライアン / 藤井誠暢 / ステファン・オルテリ)は、公式予選でQ1を突破し12位。500kmの長丁場で行われた決勝レースでは、序盤から上位への追い上げを狙うもののトラブルにより無念のリタイアで終えました。

沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第3戦は6月19日~21日にブリーラム国際サーキットにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20150519-090827.jpg

20150519-090841.jpg

■藤井誠暢のコメント
残念ながらリタイヤに終わりました。富士はAudi R8との相性が良いとは言えないサーキットですが、それでも公式予選でQ1を突破するなど、決勝レースへの追い上げに向けて手応えを掴んでいました。特に今回YOKOHAMAタイヤさんが準備してくれたタイヤの耐久性に分があり、自信を持っていました。しかし、序盤からトラブルを抱えながらの走行となり、本来のマシンパフォーマンスを示すことができないままのレース展開でした。少しでも多くのポイントを獲得するために粘り強く走行を続けましたが、結果的にはピットガレージにマシンを止めレースを終えました。結果はネガディブですが、パフォーマンスには多くのポジティブがありました。次回はAudi R8の得意とするテクニカルサーキットのブリーラムですので、再び表彰台に上りポイントを挽回したいと思います。沢山のご声援をありがとうございました。