NEWS

10月3日 / Porsche Racing Experience 2013 (富士スピードウェイ)

2013/09/23

10月3日に富士スピードウェイで開催される「Porsche Racing Experience 2013」に藤井誠暢は公式アドバイザーとして参加いたします。Porsche Racing Experienceはポルシェジャパン公認のタイムトライアルイベント。周回ベストラップでトップドライバーを決定するサーキットトライアルです。

20131020-170242.jpg
■Porsche Racing Experience 2013
第2回 / 10月3日(木)富士スピードウェイ

■関連ページ
http://www.pjmotorsport.jp/pre

スーパー耐久 第6戦 / 第1レースでポールポジション獲得、2位入賞!

2013/09/23

9月21日~22日に鈴鹿サーキットにて開催された「スーパー耐久シリーズ第6戦」。WTCC併催による今大会は、ピット作業やドライバー交代無しの40分のスプリントレースを3回行うレースフォーマット。

#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(藤井誠暢 / 佐々木大樹 / GAMISAN)は、Aドライバー予選でGAMISAN選手が5位(第2レースグリッド)、Bドライバー予選で藤井誠暢がポールポジションを獲得(第1レースグリッド)、合算では3位(第3レースグリッド)を獲得。21日の第1レースは藤井誠暢が2位入賞。22日の第2レースはGAMISAN選手が5位走行中に惜しくもリタイア。続く第3レースは佐々木大樹選手が3位争いを展開するも後続車に追突されリタイアとなりました。

なお、今シーズンの#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」、KONDO RACING×日産自動車大学校によるスーパー耐久参戦プロジェクトは今回の鈴鹿戦をもって予定されていた全5レースが終了致しました。今シーズンも沢山のご声援をありがとうございました。

20130923-151247.jpg
20130923-151323.jpg
■藤井誠暢のコメント
今回はWTCC併催ということで、耐久レースではなく3回のスプリントレースが行われました。担当したBドライバー予選ではポールポジションを獲得でき、第1レースでは優勝に向けホールショットを奪いました。途中バックマーカーに引っ掛かり、残念ながら1号車にかわされましたが、マシンのポテンシャルも高く、ピタリと真後ろから同様のチャンスを伺っていました。結果的にセーフティーカーの導入により抜くまでのチャンスを得る事ができず悔しい反面、前回の岡山戦に続く2位を獲得できた事は良かったです。今回の鈴鹿で今シーズン予定されていた全5戦が終了しました。今シーズンは昨年と比べても大きくチームの総合力が向上しており、各レースで速さを魅せられたと思います。それは、NISSAN GT-R NISMO GT3という優れたマシンのポテンシャルを、チームや学生の皆さんが100%引き出してくれたからです。振り返れば、良いレース、悔しいレースありましたが、学生の皆さんの頑張りやチームの一員としての成長が形となり結果に結びついたシーズンだったと思います。日産自動車大学校の学生の皆様、関係者の皆様、KONDO RACINGやスポンサー各社様、日産、NISMOをはじめ、チームに関わる全ての方に心から感謝を申し上げます。

PREV