NEWS

2020年 SUPER GT 第6戦 / 入賞を目指すも苦しいレースを強いられ24位

2020/10/25

10月24日~25日に鈴鹿サーキットで開催された「2020 AUTOBACS SUPER GT 第6戦」
#9「PACIFIC NAC D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ケイ・コッツォリーノ)は、公式予選でQ1を7位で突破しQ2で12位のタイムを記録。決勝レースでは序盤に入賞圏内まで追い上げるもセーフティカーのタイミングにより順位を落とし最終的に24位完走でフィニッシュしました。

沢山のご声援頂き本当にありがとうございました。
次回のSUPER GT第7戦は11月7日〜8日にツインリンクもてぎで開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

122704347_3394900213961587_2061869246174415349_o

122679822_3394900067294935_3340435732156963891_o

■藤井誠暢のコメント
今回も沢山の応援をありがとうございました。予選ではQ2へ進出、決勝は12位スタートから上位進出を狙っていました。マシンのバランスも良くペース的には悪くありませんでしたが、SCのタイミングが悪く、結果的に大きく順位を落としてしまう展開となりました。総合的に振り返ると速さの面では進歩していると思います。今回も結果には残りませんでしたが、チームやミシュランタイヤさんの頑張りが、確実に戦闘力として表れていると思います。今シーズンも残り2戦となりましたが、諦めずに更にレベルを上げ、優勝や表彰台を必ず獲得できるように努力を続けます。引き続き応援宜しくお願いいたします。