NEWS

2020年 SUPER GT 第4戦 / 表彰台まであと一歩の4位走行中にガス欠症状で入賞を逃す

2020/09/14

9月12日~13日にツインリンクもてぎで開催された「2020 AUTOBACS SUPER GT 第4戦」
#9「PACIFIC NAC D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ケイ・コッツォリーノ)は、公式予選からマシンバランスも好調でQ1を3位で突破しQ2で7位タイムを記録。決勝レースでは序盤から僅差で争われたトップ集団でレースを進め、終盤には4位まで浮上。しかし、表彰台まであと一歩となった最終ラップにガス欠症状が発生。無念の18位でフィニッシュしました。

沢山のご声援頂き本当にありがとうございました。
次回のSUPER GT第5戦は10月3日〜4日に富士スピードウェイで開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

119201157_3272548176196792_8462403571762172373_o

119123593_3272548316196778_8707613741325239319_o

■藤井誠暢のコメント
チームが素晴らしいマシンを用意してくれましたし、ミシュランタイヤさんが用意してくれたタイヤのパフォーマンスが高く、公式練習から特にウェット路面やハーフウェット路面で抜群の速さがありました。担当した予選Q1でもバランスは良く、決勝でも安定して良いフィーリングを保つことができていました。レースは表彰台まであと一歩の4位を走行中にファイナルラップでガス欠症状が出てしまい、18位に終わり残念ですが、内容的には非常に良いレースでした。チームやミシュランタイヤさんの頑張りが、毎レース確実に形や数字として表れはじめていると思います。残り4戦で更にレベルを上げ、優勝や表彰台を必ず獲得できるように努力を続けます。引き続き応援宜しくお願いいたします。