NEWS

2020年 SUPER GT 第2戦 / 2戦連続の10位フィニッシュもペナルティで降格

2020/08/10

8月8日~9日に富士スピードウェイで開催された「2020 AUTOBACS SUPER GT 第2戦」
#9「PACIFIC NAC D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ケイ・コッツォリーノ)は、公式予選でQ2へ進出し14位。決勝レースでは序盤から少しずつ順位を上げポイント圏内の10位まで追い上げフィニッシュ。しかし、レース後に競技結果に40秒加算のペナルティを加算され19位降格となりました。

沢山のご声援頂き本当にありがとうございました。
次回のSUPER GT第3戦は8月22日〜23日に鈴鹿サーキットで開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

117178980_3166323723485905_6708509269054340968_o

116904227_3162581630526781_5612508339678470621_o

■藤井誠暢のコメント
結果的に上位進出ができず悔しいレースとなりました。しかし、マシンやタイヤの状況は開幕戦より前進していますので、次戦の鈴鹿では上位で戦えるように努力を重ねていきたいと思います。レース結果はタイムペナルティによる降格で19位となりましたが、内容的には2戦連続でポイント獲得ができたと思います。チームスタッフのピットワークも素晴らしく、今後に繋がるレースになりました。