NEWS

2019年-2020年 アジアン ル・マン シリーズ 第3戦 / 表彰台圏内を走行しながら駆動系トラブルでリタイア

2020/02/16

2月13日~15日にセパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)で開催された「2019年-2020年 アジアン ル・マン シリーズ 第3戦」
#77「D’station Racing」(星野敏 / 藤井誠暢 / ロス・ガン)は、公式予選でGTクラス4番手タイムを記録。ナイトレースでの開催となった4時間の決勝レースでは、好スタートを決めて1周目にトップに浮上。その後も表彰台圏内を走りながら順調にレースが進んでいましたが、終盤に駆動系トラブルに見舞われ残念ながらリタイヤとなりました。

沢山のご声援をありがとうございました。

次回の2019年-2020年 アジアン ル・マン シリーズ 第4戦は来週末の2月22日〜23日にブリーラムサーキット(タイ)で開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

4AB45526-CCD4-4A43-957C-1117B22115C7

B9CBA0BA-8BAF-4D44-A1F1-02208EBE3A54

■藤井誠暢のコメント
今週も沢山の応援をありがとうございました。予選結果により4番手からスタートを担当。1周目にトップに浮上し、1回目のFCYのタイミングを利用し2番手でピットイン。星野選手にバトンを繋ぎ、その後も安定して3位を走行。ロス選手が終盤にハイペースで追い上げていた途中に駆動系トラブルが発生しました。残念ですが、来週末のRd4 タイ・ブリーラムで再び頑張ります。応援ありがとうございました。