NEWS

2019年第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース / 初参戦で日本車・日本チームとして久々の総合9位入賞!

2019/06/24

6月20日〜23日にニュルブルクリンク(ドイツ)で開催された「第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」
#45「KONDO RACING / NISSAN GT-R NISMO GT3」(松田次生 / 高星明誠 / 藤井誠暢 / トム・コロネル)は、エントリー台数160台もの中で最終予選(トップ30クオリファイ)へ進出し25位を獲得。22日の現地時間15時30分にスタートした24時間レースでは、この世界一過酷と言われるニュルブルクリンク24時間耐久レースへ初参戦ながらもチームの総合力を見せつけ、ノーミス・ノートラブルで総合10位でチェッカーを受けました。日本車・日本チームとしては久々の総合トップ10入りの快挙を成し遂げました。
尚、その後、上位のマシンに車両規則違反があったために失格となり、総合9位、クラス8位へ繰り上がりとなりました。

日本から沢山のご声援をありがとうございました。

6C0A4705-1

83A7FE80-864E-47F0-AD7C-5660224B2EEC

■藤井誠暢のコメント
初参戦で総合10位フィニッシュができ本当に嬉しくとても感動しています。レースが終わって何度振り返っても、他のどのサーキットとも比較にならないレベルの本当に過酷なニュルブルクリンクでの24時間レースでした。一つ歯車がズレれば大きなアクシデントや大事故にも簡単に繋がる過酷な場所。このレースをノーミス・ノートラブルの完璧な内容で終えられたのはKONDO RACINGの総合力の証明だと思います。そして、日本車・日本チームとして久しぶりのトップ10入りを最新モデルのGT-R GT3で果たせたのも本当に素晴らしい結果だと思います。近藤監督やアドバイザーのクルムさんをはじめ、チームの皆さん、関係者の皆さん、スポンサー各社の皆様、松田選手、高星選手、トム選手、そして、日本から熱い応援をしてくださった皆さんに心から感謝しています。

■関連ページ
ニュルブルクリンク24時間:「今日は100点!」KONDO Racingのニュル初挑戦は望外の好結果を残す
ニュルブルクリンク24時間レースで、初参戦のKONDO RACINGが総合10位(NISMO)
ニュルブルクリンク24時間:2位フィニッシュのマンタイ・レーシングのポルシェが失格に
KONDO RACING ニュルブルクリンク24時間レース レポートページ