NEWS

2019年 SUPER GT 第3戦 / 酷暑の中で苦戦を強いられリタイア

2019/05/26

5月25日~26日に鈴鹿サーキットで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT 第3戦」
#7「D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ )は、公式予選では不運な赤旗中断により想定タイムを記録できず19位。決勝レースでは粘りの走りで追い上げを狙うも、電気系トラブルによりリタイアに終わりました。

次回のSUPER GT第4戦は6月29日~30日にチャン・インターナショナル・サーキット(タイ)にて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

60840724_2191335954318025_5611904904332312576_o

60984689_2193727257412228_1550319224889540608_o

■藤井誠暢のコメント
好結果を目指して挑んだ鈴鹿でしたが、残念ながら良いご報告ができず申し訳ございません。マシンのバランスは悪くなくRd2富士のように予選Q2へ進出してシングルポジションからのスタートを狙い、Q1でJP選手が速いセクタータイムを刻んでいた最中の赤旗中断により予選は19位に沈んでしまいました。決勝は楽なペースではありませんでしたがタイヤマネージメントをしながらペースを保ち、別の種類のタイヤを選択した後半スティントでの追い上げを狙うものの、残念ながら高温による影響もあり電気系のトラブルでリタイアとなりました。苦しいレースが続いていますが、マシンのベースポテンシャルは非常に高いと思います。今はもう少しセットアップやタイヤを煮詰めつつ、今後のレースで必ず挽回できるように努力を続けていきますでの、次戦にご期待ください。