NEWS

2019年 SUPER GT 第1戦 / ウェットコンディションで速さを魅せるもアクシデントによりリタイア

2019/04/15

4月13日~14日に岡山国際サーキットで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT 第1戦」
#7「D’station Vantage GT3」(藤井誠暢 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ )は、公式予選では苦戦を強いられ19位。決勝レースではウェットコンディションの中、序盤から次々と順位を上げ、上位への追い上げが期待されましたが、不運なアクシデントに巻き込まれてしまい残念ながらリタイアとなりました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第2戦は5月3日~4日に富士スピードウェイにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

22651D05-A335-424F-961D-2198D39B2915

A5682964-0EC8-45B6-B429-43C3655B8A45

■藤井誠暢のコメント
2019年のSUPER GT開幕戦は厳しいスタートとなりました。決勝は雨量の多いウェットコンディションの中で、大きなアクシデントに巻き込まれてしまいましたが、幸いにもJP選手の体は大丈夫ですので安心してください。新型ヴァンテージGT3のパフォーマンスに関しても沢山のSUPER GTファンの皆さんに期待をして頂いていたと思いますが、今回は残念ながら率直に苦しいレースでした。今はじっくり現状の中でチーム一丸となりクルマやタイヤを仕上げて、チャンスが来た時に力強い勝負ができるように全てを積み上げて行きたいと思っています。一方でウェットコンディションの中でのパフォーマンスには驚きました。決勝前のフリー走行でのトップタイムにより、このマシンの新たな長所が見えたポジティブな一面になりました。まだ今シーズンは始まったばかりです。次戦から再び仕切り直して頑張りますので、引き続き応援宜しくお願いします!