NEWS

2018年 ピレリ・スーパー耐久シリーズ 第6戦 / スーパー耐久プロジェクトの最終戦で優勝!有終の美を飾る!

2018/11/05

11月3日~4日に岡山国際サーキットで開催された「2018年ピレリ・スーパー耐久シリーズ第6戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、公式予選4位より、3時間の決勝レースで逆転優勝。2012年より始まったKONDO RACING&日産自動車大学校の共同プロジェクトの7年間にわたるスーパー耐久での最後のレースを優勝で締めくくり、2018年はシリーズランキング2位で終えました。沢山のご声援をありがとうございました。

2018_ST6-03348

C5EBEC67-7F19-4546-AE42-8453E65A8176

■藤井誠暢のコメント
先ずは、2012年から7年間このKONDO RACING&日産自動車大学校のスーパー耐久共同プロジェクトへドライバーとして関わらせて頂けた事に心から感謝をしております。学生と共に毎戦・毎シーズン、成長を重ねてこれたお蔭で、計10勝、表彰台25回、シリーズチャンピオン1回。組織としてのこのプロジェクトの総合力がリザルトにも証明されていると思います。延べ1万人もの学生と関わる事ができ、私にとっても大変貴重な経験になりました。そして、このプロジェクトにとって最後のスーパー耐久レース。ある意味「卒業式」。この重要な節目のレースを、プロジェクトの集大成として全ての方々の力が一つになり優勝で終えられ本当に嬉しく思います。これ以上にない最高の「有終の美」だと思います。そして、SUPER GTへと新たな挑戦を開始する、このプロジェクトの将来の展望もとても楽しみです。全ての皆様に心から感謝をしております。本当にありがとうございました。