NEWS

2018年 SUPER GT 第7戦 / 苦境の中でチームの総力を結集、8位入賞でポイント獲得!

2018/10/22

10月20日~21日にオートポリスで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT 第7戦」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式予選でQ1を突破、Q2を11位で終える。決勝レースではタイヤマネージメントを行いながらチームの総合力を発揮し、8位まで追い上げポイントを獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第8戦は11月10日~11日にツインリンクもてぎにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

143A6A85-775E-48C9-B24A-984BDA7E99A1

53A7A7D0-447E-46B8-9CBA-9A5535C89762

■藤井誠暢のコメント
コースレイアウト的に苦しいレースを覚悟してオートポリスへ挑みました。練習走行から速さが無く走り出しから我慢の展開でした。予選では何とかQ1を突破でき11位となりましたが、決勝に関してはタイヤ摩耗にも不安がありました。スタートを担当しましたが、とにかくタイヤマネージメントに集中して、ペースをコントロールしたことにより、2ピットストップを避けることができました。その後は、チームの完璧なピットワークやスヴェン選手の後半のアグレッシブな追い上げもあり、8位まで順位を上げてポイントを獲得できました。次戦は最終戦のモテギ。ポルシェとの相性が最も良いサーキットだと思います。先日の公式テストでの速さを維持して必勝で挑みます。引き続き応援を宜しくお願いいたします。