NEWS

2018年 SUPER GT 第3戦 / 今季最高位の予選7位を獲得するも決勝はノーポイントに終わる

2018/05/20

5月19日~20日に鈴鹿サーキットで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT 第3戦」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式予選Q1を3位で通過し、Q2では7位を獲得。決勝レースは序盤に5位まで追い上げるも、路面コンディションとタイヤのマッチングに苦しみペースが上がらず11位で完走、今季初のノーポイントに終わりました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第4戦は6月30日~7月1日にタイ・ブリーラムにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

31590065_1657716971013262_4000198369011040256_o

32949547_1658728864245406_6891976008044380160_o

■藤井誠暢のコメント
今回の鈴鹿戦はハンディウエイト40kgを搭載しながら予選では担当したQ1を3位で通過でき、Q2ではスヴェン選手が7位のタイムを記録してくれて、とても良い仕上がりで進んでいました。決勝では7位スタートから2台を抜けて、1周目に5位まで浮上することができました。その後は、ペースとしては悪くなかったのですが、選んだタイヤとコンディションが合わず、早めのピットインをすることになってしまいました。後半スヴェン選手が硬めのタイヤでプッシュしてくれましたが、思ったよりもペースが上がらず、コース上でのスピードも足りなかったかもしれません。できればポイントを獲れればと思っていただけに残念です。現在のシリーズランキングはトップと6点差の5位です。次戦で再び表彰台に戻れるようにしっかり準備をしていきます。沢山の応援をありがとうございました。