NEWS

2018年 ピレリ・スーパー耐久シリーズ 第1戦 / 開幕戦はポールポジション獲得、決勝は2位表彰台で終える

2018/04/02

3月31日~4月1日に鈴鹿サーキットで開催された「2018年ピレリ・スーパー耐久シリーズ第1戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、合算タイムの公式予選でポールポジションを獲得。5時間の長丁場で行われた決勝レースでは、序盤からリードを築き優勝を狙うも、レース終盤にドライブスルーペナルティーを受けて後退、惜しくもトップと14秒差の2位でフィニッシュいたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のピレリ・スーパー耐久シリーズ第2戦は4月28日〜29日にスポーツランドSUGOで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

2018_ST1-06136

2018_ST1-08079

■藤井誠暢のコメント
2018年の開幕戦でポールポジション獲得、決勝は2位表彰台。優勝を逃した悔しさは残りますが、チーム一丸となり精一杯戦った結果の2位だと率直に受け止めています。今シーズンは主催者指定のタイヤメーカーの変更、FCY(フルコースイエロー)の導入等、スーパー耐久にとって大きな変化のあった初戦となりました。その中で「速さ」という点では、#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」の力を魅せることができたと思います。優勝を逃した悔しさは、次戦へのモチベーションへ変えて、今月末のSUGO戦では再び優勝を狙います。今回は全国の日産自動車大学校の5校から選抜された学生スタッフが集結してチームをサポートしてくれました。彼らの努力と頑張りがポールポジション獲得などのエネルギーになりました。感謝しています。