NEWS

2017年 スーパー耐久 第5戦 / 10時間の長丁場レースで3位表彰台を獲得!

2017/09/04

9月2日~3日に富士スピードウェイで開催された「2017年スーパー耐久シリーズ第5戦」
#1「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、公式予選2位より、シリーズ最長の10時間レースで3位表彰台を獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のスーパー耐久 第6戦は10月14日〜15日に岡山国際サーキットで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20170904-092254.jpg

20170904-092310.jpg

■藤井誠暢のコメント
先ずは、シリーズ最長の10時間レースを3位表彰台で終えられ嬉しく思います。この富士戦へ向けて、チームが素晴らしいマシンを用意してくれたので、前戦に続きフロントロー2位を得られました。決勝に関しては、ライバルと戦うというより、チームの定めた戦略通りに「自分達の戦い方でベストを尽くす」とブレない軸を決めていました。途中、タイヤバーストによるロスタイムがありましたが、その他は、優勝した昨年のこのレース以上のペースや内容だったと思いますし、チームや学生スタッフを含め、このプロジェクトに関わる全ての方の力”総合力”を長丁場の戦いで発揮できたと思います。正直、シリーズチャンピオン争いは苦しい状況にあります。しかし、僅かな可能性を最終戦に残せたことはポジティブです。最終戦の岡山では「ポールポジション+優勝」という、我々に課せられたハードルをクリアできるよう、全ての力を振り絞って全力を尽くします。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。