NEWS

2017年 SUPER GT 第1戦 / D’station Racingでの初戦は9位入賞で2ポイント獲得!

2017/04/10

4月8日~9日に岡山国際サーキットで開催された「2017 AUTOBACS SUPER GT 第1戦」
#33「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式予選で路面コンディションに苦しみQ1敗退の19位。決勝レースではチームの総合力を発揮し粘り強くポジションを上げ、9位入賞で2ポイントを獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第2戦は5月3日~4日に富士スピードウェイにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20170410-101238.jpg

20170410-101303.jpg

■藤井誠暢のコメント
まずは、D’station Racingでの初戦で最低限のポイントを獲得できた事は良かったです。今回は予選でのタイヤ選択やコンディション、どちらも状況に上手く噛み合わず、Q1敗退の19位に沈んだ事が反省点です。しかし、決勝ではチーム力を発揮して9位まで追い上げられました。スヴェン選手も初めてのSUPER GTにも関わらず素晴らしい走りでしたし、次の富士では必ず挽回できると思います。星野チームオーナーをはじめ、D’station Racingに関わる全ての関係者の皆様、スポンサー各社様、ポルシェ様、ヨコハマタイヤ様、サプライヤー各社様、佐々木総監督、武田監督、佐久間エンジニア、メンテナンスを担当するKTRの皆、スヴェン選手、フレッシュエンジェルスの皆、そして何より応援してくださったファンの皆様に心から感謝しています。次戦の富士は期待してください。