NEWS

2016年 SUPER GT 第6戦 / チームの総合力を武器に6位入賞!

2016/08/29

8月27日~28日に鈴鹿サーキットで開催された「2016 AUTOBACS SUPER GT 第6戦」
#21「Hitotsuyama Audi R8 LMS」(リチャード・ライアン / 藤井誠暢)は、ハンディウエイトに苦しむ中、公式予選でQ2への進出を果たし12位。決勝レースでは1000kmの長丁場でチームの総合力を発揮し、6位入賞でポイントを獲得いたしました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第7戦は10月8日~9日にチャン・インターナショナル・サーキット(タイ)にて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20160829-160913.jpg

20160829-160946.jpg

■藤井誠暢のコメント
第6戦 鈴鹿1000kmレースはチームの総合力でなんとか6位入賞で終えられました。正直、今回は走り出しから想定以上にポテンシャルに苦しんでいました。一つは、富士での2位によるウエイトハンディ加算で計+46kg、BoPウエイトも+10kg増えた事。もう一つは、暑い鈴鹿1000kmを想定していましたが、予想以上に涼しくなってしまい路面温度に対して持ち込んだタイヤの温度レンジが合わず、“速さ”という点では非常に苦しいレースでした。とはいえ、与えられた状況の中で、僕たちドライバーもノーミスでベストな仕事ができましたし、チームのピットワークも速く、戦略面を含みコース外でコツコツと、その差を縮める事ができました。キーポイントは最後のピットストップ。タイヤ無交換で僅か17秒の短い停止時間と、それを可能とした全スティントの戦略が計算通りにハマり、最終スティントで6位まで順位を上げる事ができました。“速さ”では苦しいレースでしたが、“強さ”を魅せられたレースになったと思います。速さ的には10位以下、ノーポイントの可能性も覚悟していましたが、6位で終えられた事は、与えられた状況の中のベストリザルト。トラブルフリーで1000kmの長丁場を安心して走り切れるAudi R8 LMSの信頼性と安定感、そして、今回も素晴らしいマシンを用意してくれたAudi Team Hitotsuyamaの全スタッフのお蔭です。ファンの皆さんも、長いレースでしたが、沢山の応援を本当にありがとうございました!次は再び優勝を狙っていきます!