NEWS

スーパー耐久 第3戦 / トラブルを抱えながらも4位完走、シリーズランキングトップへ浮上!

2014/07/28

7月26日~27日に富士スピードウェイで開催された「スーパー耐久シリーズ第3戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(藤井誠暢 / GAMISAN / 高星明誠 / 佐々木大樹)は、合算タイムで争われた公式予選で2位を獲得。シリーズ最長の7時間で行われた決勝レースでは、優勝を狙うも序盤からマシントラブルを抱えながらの走行を強いられる展開。苦しい走行が続く中でも4人のドライバーがチェッカーまでマシンを運び4位完走。貴重な15ポイントを獲得しシリーズランキングではトップへ浮上しました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のスーパー耐久第4戦は9月6日〜7日に岡山国際サーキットで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

20140728-192637-69997532.jpg
20140728-192530-69930313.jpg

■藤井誠暢のコメント
今回の富士戦はとても苦しい週末でした。菅生戦では抜群の速さを示したマシンもバランスに苦しみ、更に決勝ではトラブルを抱えながらの走行となってしまいました。しかし、苦しい中でもチームスタッフや学生スタッフの皆さんと共に、GAMISAN選手、佐々木選手、高星選手と最後まで諦めずにチェッカーへマシンを運んだ結果、4位完走でフィニッシュでき貴重な15ポイントを得られました。このポイント獲得により、第3戦終了時点ではシリーズランキング1位へ浮上しました。2位の3号車、3位の81号車までは僅か1.5点差の接戦となっていますので、残りのレースに向けて更に気を引き締め、まずは次戦で再び優勝を狙っていきたいと思っております。引き続き応援宜しくお願いします。