NEWS

2019年ニュルブルクリンク24時間レースへKONDO RACINGよりNISSAN GT-R NISMO GT3で参戦!

2018/10/01

藤井誠暢は、2019年ニュルブルクリンク24時間レースへKONDO RACINGよりNISSAN GT-R NISMO GT3で参戦いたします。

参戦体制等は下記の通りです。
日本から熱いご声援を宜しくお願いいたします。

AFDB4DD4-559B-4CB5-A285-7E9C37A78C9E

■藤井誠暢のコメント
KONDO RACING GLOBAL CHALLENGEの一員として、ニュルブルクリンク24時間レースへ挑戦できることを嬉しく思います。チャンスを頂いた、このプロジェクトに関わる全ての関係者の皆様や、近藤監督に心から深く感謝をしております。スーパー耐久シリーズでは、2012年から7年間、KONDO RACINGと共に日産自動車大学校の学生プロジェクトに携わらせて頂きました。NISSAN GT-R NISMO GT3の初期モデルであったMY12型のデビューから一貫して各モデルのGT-R GT3に長く乗ってきましたが、今回、KONDO RACINGの海外での新たなチャレンジとして、クルマ文化の聖地、そして、NISSAN GT-Rの聖地とも言えるニュルブルクリンクへ、昨年、国内での開発テストにも加わらせて頂いてきた新型のNISSAN GT-R NISMO GT3で挑めることに今は感極まる思いです。海外での24時間レースの経験はありますが、ニュルブルクリンクは全く別次元の場所だと理解しています。特に北コースのノルドシュライフェは、世界屈指の難コースで、マシンやタイヤ、ドライバーにとっても世界一過酷な場所であり、その中で海外メーカーが総合優勝を狙ってしのぎを削るFIA-GT3車両で24時間レースに挑むという事はとても大きなチャレンジだと思います。近藤真彦 監督やアドバイザーのミハエル・クルム選手の指揮の下、松田次生 選手、高星明誠 選手、トム・コロネル 選手とともに、先ずは自分に与えられた仕事に集中して、チームに貢献できるよう、来年6月の24時間レースへ向けて万全の準備をして挑む所存です。少し先のレースですが、沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

■2019年ニュルブルクリンク24時間レース参戦体制
エントラント : KONDO RACING
車両 : NISSAN GT-R NISMO GT3
タイヤ : 横浜ゴム
監督 : 近藤 真彦
アドバイザー : ミハエル・クルム
ドライバー : 松田 次生 / 高星 明誠 / 藤井 誠暢 / トム・コロネル

■関連ページ
日産自動車とKONDO RACING、新たなモータースポーツ活動計画を発表
Nissan and Kondo Racing expand partnership to train mechanics – Nissan Motorsports
ニッサンとKONDO RACINGが2019年からニュル24時間とGT300参戦! 新プロジェクト開始 – autosport web
近藤真彦監督のKONDO RACING、2019年のニュル24時間とGT300にGT-Rで新たな取り組み – レスポンス(Response.jp)
日産、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」「SUPER GT」に参戦するKONDO RACINGをサポート – Car Watch
KONDO RACING、2019年に2つの新たな挑戦。ニュルブルクリンク24時間、スーパーGT300クラスにも参戦|motorsport.com日本版

2018年 ピレリ・スーパー耐久シリーズ 第5戦 / 今季3度目のポールポジションから優勝を狙うもトラブルで6位

2018/09/23

9月22日~23日にツインリンクもてぎで開催された「2018年ピレリ・スーパー耐久シリーズ第5戦」
#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(内田優大 / 藤井誠暢 / 平峰一貴)は、公式予選で今シーズン3回目のポールポジションを獲得。決勝レースは5時間の長丁場レースを序盤から独走態勢で優勝を狙うも、中盤に発生したシフト系トラブルにより残念ながら6位に終わりました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のピレリ・スーパー耐久シリーズ第6戦は11月3日〜4日に岡山国際サーキットで開催されます。
引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

617F7068-899F-4F50-B45E-D2B346500B56

BF4CDE2D-8461-4B64-975B-50EC817DAEA9

■藤井誠暢のコメント
予選前までは正直マシンバランスに苦戦していました。色々とデータを分析し、予選に向けて実績のある今年のベースセットアップに全てを戻す決断をした結果、息を吹き返したように速さが戻り、今季3度目のポールポジションを獲得できました。そして、決勝レースでは、序盤から2位以下を引き離すことができました。決勝のマシンバランスも良く十分に優勝できる手応えがありましたが、第2スティントにシフト系トラブルが発生してしまい、悔しいレースとなりました。もちろん、優勝して2連勝ができたら逆転チャンピオンを狙う上では最高の展開でしたが、全てが簡単に進まないのがレースの難しさです。特にこのKONDO RACING&日産自動車大学校チームは人材育成・教育プログラムとしての活動が軸です。優勝して得られる喜びや感動は大きなものですが、勝利を逃した悔しさからも得られることは沢山あると思います。今シーズンのスーパー耐久も残り1戦となりました。岡山では有終の美を飾れるようにチーム一丸となって貪欲に勝利を目指していきます。引き続き沢山の応援を宜しくお願いいたします。

2018年 SUPER GT 第6戦 / 56kgのハンディウエイトに苦しみ無念のノーポイント

2018/09/16

9月15日~16日にスポーツランドSUGOで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT 第6戦」
#7「D’station Porsche」(藤井誠暢 / スヴェン・ミューラー)は、公式練習から苦戦を強いられ公式予選はQ1敗退の19位。決勝レースでは後方からの追い上げを狙うも56kgの重いハンディウエイトに苦しみ12位で無念のノーポイントに終わりました。沢山のご声援をありがとうございました。

次回のSUPER GT第7戦は10月20日~21日にオートポリスにて開催されます。引き続き沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

41853392_1827122900739334_6852954898720358400_o

41790439_1827122564072701_431836374379790336_o

■藤井誠暢のコメント
今週末も沢山の応援をありがとうございました。56kgのハンディウエイトを背負って挑んだSUGO戦は予想以上に苦しいレースになりました。自分が担当した後半スティントは周回数も多く、タイヤマネージメントとの戦いでした。順位こそ12位までしか追い上げられませんでしたが、今週の状況の中でチーム一丸となりベストを尽くして苦しい中で得られた結果です。今シーズンのSUPER GTも残り2戦、次のオートポリスはポルシェとの相性が良いとは言えませんが、最終戦のモテギは大きなチャンスがあると思います。残り2戦のうちにD’station Racingでの優勝を達成できるようにチームやスヴェンと共に前進していきます。引き続き沢山の応援を宜しくお願いいたします。

PREV