BLOG

2020年SUPER GT参戦体制のお知らせ

2020/02/03

本日、PACIFIC RACING、D’station Racing、Aston Martin Racingのプレスリリースにて発表された通り、2020年SUPER GTシリーズにPACIFIC – D’station RacingよりAston Martin Vantage AMR GT3で参戦する事になりました。

2020_SGT_Vantage-GT3

素晴らしいチャンスを頂いたPACIFIC RACINGの神野オーナー、D’station Racingの星野オーナー、Aston Martin Racingや全ての関係者の皆様、スポンサー各社の皆様に感謝しております。今シーズンはAMRのファクトリードライバーで、WEC世界耐久選手権でランキングトップを走るニッキー・ティーム選手と共にミシュランタイヤでSUPER GTを戦います。更にPACIFIC RACINGが産学連携協定を締結している中日本自動車短期大学(NAC)からチームに加わるインターンシップ生と共に戦える事も楽しみです。

先ずは優勝、そしてシリーズチャンピオン獲得を目標に一心不乱に努力を重ねていきたいと思います。
今シーズンも沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

■2020年SUPER GT開催スケジュール / Schedules
・4/11-12 Round1 OKAYAMA
・5/03-04 Round2 FUJI
・5/30-31 Round3 SUZUKA
・7/04-05 Round4 THAILAND
・7/17-18 Round5 SEPANG
・9/12-13 Round6 SUGO
・10/24-25 Round7 AUTOPOLIS
・11/07-08 Round8 MOTEGI

■参戦体制 / Team details
・エントラント : PACIFIC – D’station Racing
・車両 : Aston Martin Vantage AMR GT3
・マシン名:PACIFIC NAC – D’station Vantage AMR GT3
・ゼッケン : 9
・タイヤ : Michelin
・PACIFIC RACINGチームオーナー : 神野 元樹
・D’station Racingチームオーナー : 星野 敏
・チーム総監督 : 佐々木 主浩
・ドライバー : 藤井 誠暢 / ニッキー・ティーム
・テクニカルサポート:Aston Martin Racing

■2020年SUPER GT参戦体制発表プレスリリース
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/20200203.pdf (日本語版)
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/20200203_e.pdf (英語版)
https://www.pacific-racing.jp/post-1343 (PACIFIC RACING)

小林可夢偉 選手が日本人初デイトナ24時間連覇!

2020/01/27

J SPORTSでデイトナ24時間のレース中継を視聴してくださった皆様、ありがとうございました。

175CD5CA-E287-4C6B-BA48-834C78A2C500

長い長い24時間のレースは、小林可夢偉 選手が日本人初デイトナ24時間連覇!#10 Wayne Taylor Racingと#77 Mazda RT24-Pが1位-2位に入り、日本勢にとっては見どころ満載のレースでした。

そして、LMP2ではHarrison Newey選手の#81 DragonSpeed USAが優勝。最後まで大接戦が続いていたGTLMは#24 BMW Team RLLが#912/#911 Porsche GT Teamの2台の前に出て優勝。GTDもAndrea Caldarelli選手の乗る#48 Paul Miller Racingが優勝。

今年はアメリカのレースの特徴でもあるフルコースコーション&リスタートが少なく、落ち着いた展開で、速さ・強さを持つチームが最終的に優勝を手にした。という印象でした。

46EFBB17-F2EE-46AC-A3FA-0A74C8789A24

日本に関連するチーム・メーカーやドライバーが大活躍してスタートからゴールまで本当にワクワクするデイトナ24時間でした!

解説席でお世話になった、由良さん、福山さん、中島さん、木幡さん、ありがとうございました〜。

生放送を見ていない方は、是非、J SPORTSの再放送でデイトナ24時間をご覧ください!

1月26日(日)J SPORTS デイトナ24時間 テレビ解説

2020/01/23

写真はJ SPORTSでデイトナ24時間のレース中継がスタートした2017年のものです。

今週末の1月26日(日)は、J SPORTSで生放送レース中継のテレビ解説をさせて頂きます。
僕がFlying Lizard MotorsportからAudi R8で参戦したのは、2015年の第53回大会でしたので、もう5年も前になりますね。

78A6780D-38FA-435D-ABCB-4039B11BD896

IMSA主催のチャンピオンシップは、毎年この伝統的なデイトナ24時間レースに始まり、その後の第2戦がセブリング12時間レース、そしてシーズン終盤にはPetit Le Mansが開催され、歴史あるビックレースが多く含まれるので常にリザルトを見ています。DPi、LMP2が混在するプロトタイプカーに加え、GTLM、GTDはGTE車両とGT3車両が混在するのもIMSAの特徴だと思います。

20170130-181553.jpg

今年もスタートからゴールまで超接近戦の24時間耐久レースが予想されるデイトナ24時間レースを自身も楽しみにしています!
放送時間等は下記です。

Blog-20012301

https://news.jsports.co.jp/motorsports/article/20190310218186/

Asian LeMans Rd2 オーストラリア戦は6位

2020/01/14

オーストラリアから帰国しました。
Asian LeMans Rd2 Bend戦は予選7位→決勝6位でした。

9E9366CA-2563-4A8D-B320-868F5572A0F0

2A074C52-A211-473A-9C1F-7388882F82F9

Rd1上海戦とは異なり、走り出しから速さの面でアドバンテージが無く、予選ではRoss Gunn選手が頑張ってくれましたが、今回のBend戦で圧倒的な速さを示していたFerrariから約3秒も離される苦しい状況でした。

6F536F6B-AD30-463A-A6E3-046C2FA152DD

093B1EEB-D484-46C9-B3EE-CECB4BE2F14C

そして、決勝は苦しいペースの中、順調に順位を上げていく途中、ブレーキングで止まり切れないLMP2車両が右フロントに追突。チームの素早い修復作業とギリギリ足回りに影響が無かったことにより、その後はチェッカーまで順調に走り切れました。

296DAAC3-4BDC-46DF-982C-29D85D3B143C

5A5325CA-CA0C-4A5B-B37F-D9B2F160A68D

ノーポイントの可能性もあったレースをチームの総合力のお蔭で6位で乗り切れた事で8点を加算。現在のシリーズランキングはトップと2点差の2位。残り2戦のチャンピオンシップが楽しみです。

次は2月15日〜16日のRd3 マレーシア・セパン戦。そのまま翌週2月22日〜23日はRd4タイ・ブリーラム戦。

引き続き応援宜しくお願いします!

78E3BC11-8475-4B2F-9FC6-8276FA2ADE53

4C966E78-F417-46C5-BD5D-6184EDC82086
A93220FA-26DF-49DA-9E5F-1EDC7B04542C

オーストラリア・The Bend Motorsport Park

2020/01/09

昨日からオーストラリアへ来ています。
アデレード空港は日本からの直行便が無いので、羽田空港→シドニー空港→アデレード空港のルートで来ました。

652ECAB8-19F5-49F0-B0C4-5706146B791A

105273BB-695F-41D1-BE57-89D526D5D50F

そして、今日からサーキットに入っています。デイトナ24時間テストから、アメリカ→イギリス→マレーシア→アデレードの長旅でオーストラリアへ来たRoss Gunn選手を空港でピックアップし、アデレード市内から約100km走った長閑な場所にThe Bend Motorsport Parkがありました。

何も無い大自然のど真ん中にあるサーキットで周りの雰囲気はいい感じです。今回は周辺にホテルが無く一軒家を借りたので、スーパーへ買い出しに行ったり、料理もしたり、なかなか楽しんでいます。

81679989-E505-46D7-AC76-F24F10C8F90D

42FD1589-4AE2-4ABB-B493-DED95BDC20C8

BB4C4AC9-5C1B-42E7-8229-8499F0B58552

222132F1-CA4E-4E33-9A62-7F2E113C8184

夕方からはレンタカーランでのコース下見もしましたが、ニュルブルクリンクに続く、2番目に距離が長いと言われる1周7.7kmのサーキットだけあり、奥が深そうですね。

シュミレーターでは沢山走り込んで来たので問題は無いと思いますが、こうして海外の初サーキットを走る時は新鮮な気持ちになり楽しみです。

29B1DCAA-6910-4EC4-87D6-A8357D46FDBE

142B4C52-1F57-4048-B657-00D2C6F834B1

8AF97CB7-22DB-4D00-B7EB-A7210B2D52C4

明日からはいよいよ走行が始まります。

今週末もD’station RacingやAMRのチームスタッフ、星野選手、Ross選手と力を合わせて、開幕戦の優勝に続き好リザルトを得られるようにチーム一丸となり頑張ります。

日本から沢山のご声援を宜しくお願いします!

08D3BD02-7343-4B89-BA97-2D0F766EC919

7E3268AD-DD99-4154-B73B-3A73BF02E4C8

メカさん用の家は、インテリアも自分的な好み。外にジャグジーもあり羨ましい感じ。

ドライバー用の家では、藤井が料理長を担当して、昨夜は久々に料理とかしてみました(笑)

146F5958-BF1E-41BB-83E2-6910A599025F

9E15AE06-47B3-4419-B3C6-0484B1A6F1CF

NEXTPREV