BLOG

GTプラス GT300 Rd5 富士

2016/08/22

早朝から録画した昨夜のGTプラスを見ています。

テレビで全体の状況を見ながら富士のレースを振り返ると、悔しさが込み上げてきます。僕達としては、マシンバランスもタイヤも抜群に良かったので、本当に勝ちたかったです。もう少し、もう1周、もう半周 欲しかった…

20160822-063606.jpg

優勝争いをした、55号車 BMW M6が、水温上昇によるパワーダウンで苦しみながらも、あの速さだったと思うと、通常のエンジンポテンシャルが出ていた場合、もっと速かったでしょう。。。(汗)

『0.106秒差の2位』
優勝が見える僅差だからこそ、余計に悔しい。

20160822-063755.jpg

でも、過去にはもっと悔しい2位があった事を思い出しました。

『0.092秒差の2位』
だった2011年のJAF GP。最終ラップの最終コーナーで谷口選手を抜き、トップに立ち、優勝目前のフィニッシュラインで僅かに抜かれたレース…

あれほど悔しいレースは過去に無かったけど、翌年はそれをバネに独走で優勝できた。

20160822-063635.jpg

Audi R8に乗って3年シーズン目。これまでの2年は、雨のワンチャンスに賭けた3位表彰台しか無く、苦しいレースがずっと続いてきたのも事実です。でも、悪天候の助けを求める訳ではなく、ドライで優勝をイメージできるレースができた。過去、最も内容の良いレースだった事は間違いありません。

新型Audi R8 LMSの高いポテンシャルはもちろん、ダンロップさんが開発してくださった、Rd4 SUGOから投入している新たな方向性のタイヤが抜群に良いパフォーマンスを示してくれた事も大きいです。

20160822-064200.jpg

富士はマシンとの相性が良いとは言えないサーキット。その中での2位は想定外のポジティブなリザルトです。もちろん、Rd4 SUGOからRd5 富士に対して -20kgの良いBoPになった事。そして、ライバル勢が逆に+kg方向(MC勢の車高上等)のBoPになった事、全てが僕達には追い風になったと思います。

20160822-065804.jpg

いよいよ、今週末はRd6鈴鹿1000kmレース。言うまでもなく高速コーナーを得意とするAudi R8にとって鈴鹿は相性の良いサーキット。先月上旬の公式テストでも良い手応えがありましたし、ドライコンディションもウェットコンディションも、タイヤに不安はなく長丁場の1000kmレースへ向けて自信があります。

先に触れた JAF GPのように、全ての悔しさを次戦のチャンスへ変えられるよう、気を引き締めてリベンジします!今週末も応援宜しくお願いいたします。