BLOG

Dubai Autodrome

2016/01/14

無事に?ドバイへ着きました。

実はキッティラ→ヘルシンキのフライトが豪雪でディレイした事で、ミラノ経由のドバイ便に乗り継げず、ホテルの段取り、レンタカーやフライトの変更をしてヘルシンキで延泊する慌ただしい移動でしたが、昨夜に無事ドバイへ着けました。

20160114-111720.jpg

今朝レジストレーションを終えて、先程ドライバーズブリーフィングを終えて、シート合わせや無線の変更が終わり、ようやくホッと一息です。この後、午後からは2回の公式プラクティス→予選→ナイトセッションと忙しい1日になると思います。

20160114-112008.jpg

ドライバーは自分を含める4人体制のうち、1人は14年のGTアカデミー中東の優勝者でサウジアラビア出身の若手Ahmed Khaled Binkhanen選手、そして、ドバイ出身でカナダ国籍も持つBassam Kronfli選手、ロシア出身の若手のIlya Melnikov選手となり、クラスはA6クラス(GT3車両)で、SilverやBonzeを3人含んでいるため、チームはA6 Pro-Amクラスへのエントリーを決めたそうです。

20160114-112648.jpg

総合3位になった2013年はA6 Proクラスでのエントリーなのでオンタイムで戦えましたが、Pro-Amでエントリーする場合はタイム縛りがあると思いますので、戦い方をしっかりと考えなければなりません。いずれにしても、ミスやトラブル無く、手堅く戦っていけばマシンも労われるし、結果的には総合順位も上へ行けるのではと思っています。

20160114-111909.jpg

今回は純白のFIA公認スーツを持ってきました。真っ白は新鮮ですね!12月下旬に正式に走る事が決まった為、SuperGT等の様にパーソナルスポンサーのロゴをしっかりと刺繍したスーツの準備はできませんでしたが、こういう急遽の時には純白スーツが重要ですね。

20160115-073628.jpg

ヘルメットはルマン24時間用に用意した赤メッキのカーボン仕様を持ってきました。

20160114-112045.jpg

今回のドバイには新型Audi R8 LMS、新型MercedesのAMG GT3、新型LamborghiniのHuracan GT3、Chevrolet Corvette等、先週末のデイトナROARテストに続き、新型GT3車両が多数エントリーしています。

AudiはSuperGTで一緒に仕事をしているWRT、MercedesはBlack Falcon等の有力チームがいるのでハイレベルなレースになると思います。

20160114-144250.jpg

ドバイ24時間レースは世界的な基準になりつつあるSROのBoP採用ではなく独自BoPの採用となり、更にBoPテスト前の車両(新型メルセデス等)もいますが、午後からの公式セッションでは全体の勢力図がある程度読めると思います。

タイム縛りのあるPro-Amなので大きな問題ではありませんが、GT-Rは日本やブランパンで使っているSROのBoPに対して1リストリクターダウン+ウエイト搭載の調整があり、逆に新型Audi勢のBOPが緩むそうです。

そして、今年のエントリーは過去最大で全クラス合計で100台以上のようです…

20160114-113035.jpg

ドバイ24時間レースのスタートは、15日(金)の現地14:00(日本時間19:00)、16日(土)14:00がフィニッシュです。

今年もライブストリーミングがあるそうですので、是非、応援してください!

■DUBAI 24H 2016
http://www.24hdubai.com

20160114-145257.jpg