BLOG

最終戦はポールtoウィンで優勝!

2019/11/10

今日のスーパー耐久最終戦では、無事にポールtoウィンで優勝できました!
沢山の応援をありがとうございました。

A37C26F7-70B5-47FC-A563-D55B34BC61F2

7D703963-7436-4C8C-AA09-031EBAE086BA

決勝でもマシンバランスがとても良く、担当した1stスティントでは序盤からリードを築く事ができました。そして、星野選手、近藤選手のペースが抜群に速く、全てが良い流れで進みました。

途中、SCのタイミングが悪く、稼いだマージンが消えてしまう場面もありましたが、高根エンジニアやAMRのGusエンジニアの戦略、そして、メカニックの皆さんの力により最終的にはキッチリと優勝を掴む事ができました!

8258BBAB-2EA6-4B31-ADE0-0669BF5B2A92

D8F386D0-0F82-4DEE-8975-16CAE7C1D104

自分は2012年〜昨年2018年まではKONDO RACING&日産自動車大学校プロジェクトで7年間スーパー耐久でお世話になってきました。更に今年はニュルブルクリンク24時間&VLNレースのプログラムがありスケジュールの重複によりスーパー耐久に参戦するのは難しい状況でした。

これらのタイミングもあり、自身にとってD’station Racingでスーパー耐久を初めて戦ったのが、今年7月のRd4オートポリス戦でした。その後の後半3戦へ参加しましたが、Rd4、Rd5共に優勝が見えていたレースをどちらも逃した悔しさがあったので、特に今日の勝利は率直に嬉しいです。

SUPER GTを含めて色々と悔しい・苦しいレースが続いていたので、最後を有終の美で終えられた事に心から感謝しています。

5A7FBFEB-9861-4B8A-B4DF-3005E7C9B264

146D27D2-80A2-4974-B6B2-A712B0F883A0

そして、実は星野選手(オーナー)と一緒にレースを組んで優勝したのは初めてでした。本当に感動しました。佐々木総監督の元での優勝も初めてです。

D’station Racingはル・マン24時間テストデーとの日程重複で富士24時間を欠場しましたが、出場した全レースで表彰台に登り、シリーズランキング2位で2019年シーズンを終えました。

今日は本当に素晴らしい一日になりました。
皆さん、応援ありがとうございました。

AF8A674E-5A67-409F-94F3-41C14F445E61

■関連ページ
藤井誠暢、D’station Racingでの初勝利に感慨「この1勝はすごく嬉しい」
《決勝グループ1速報》ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第6戦 スーパー耐久レースin岡山
第6戦岡山Gr.1決勝|777号車D’station Vantage GT3が今季2勝目
2019年ピレリ・スーパー耐久シリーズ Rd6 岡山 / ST-X 予選レポート(D’station Racing)
2019年ピレリ・スーパー耐久シリーズ Rd6 岡山 / ST-X 決勝レポート(D’station Racing)