BLOG

SUPER GT Rd3鈴鹿はリタイア

2019/05/27

好結果を目指して挑みましたが、残念ながら良いご報告ができず申し訳ございません。

決勝リタイアの原因は電気系トラブルですが、デビュー1年目の新型マシンですので、ある程度、このような状況に対しては前向きに付き合う必要があると思っていますし、今後に向けては全くネガティブには考えていません。

1879FA79-9AAC-475B-8F6D-EC8B43FFC012

60840724_2191335954318025_5611904904332312576_o

この週末は、想定より大幅に気温も路面温度も高く持ち込んだタイヤとセットアップとのバランス等、想像以上に苦しい走り出しでしたが、アジャストを繰り返してマシンバランスは良い方向へ進みました。

そして、予選に向けたマシンのバランスは悪くなくRd2富士のように予選Q2へ進出してシングルポジションからのスタートを狙い、Q1でJP選手がセクター2まで好タイムを刻んでいた最中の赤旗中断により、当然ですが再開後はピークグリップが残っておらず予選19位に沈む展開。

5F6FDF97-B967-44B8-B5F7-689CAC8C2F56

61315448_2191909344260686_291252568544247808_o

決勝はスタートを担当。楽なペースではありませんでしたがタイヤマネージメントをしながらペースを保ち、別の種類のタイヤが路面に合うと判断していたため、早めのタイミングでピットに入り(SC再開周)、後半スティントでの追い上げを狙っていました。

JP選手のペースも良く期待をしていましたが、残念ながら高温による影響もあり電気系のトラブルでリタイアとなりました。

60984689_2193727257412228_1550319224889540608_o

CE839002-A97F-43FC-8C46-2D3CA08225B2

開幕3戦を終えて、今はまだ苦しいレースが続いています。しかし、マシンのベースポテンシャルは非常に高いと感じています。
今回の鈴鹿に向けて、少し性能調整も変化しました。

今後の推移や展開は分かりませんが、全てが勝負できる状況になった時にしっかりと結果を掴むためにも、今は地道にセットアップやタイヤを煮詰めつつ、ベースのレベルを一つ一つ上げて行く必要があると思います。そして、今後のレースで必ず挽回できるように努力を続けていくしかありません。

今シーズンはまだ良いご報告ができず残念ですが、次戦にご期待ください!
暑い中、沢山の応援をありがとうございました。

D138BE81-816C-4C96-B942-47D331052304