BLOG

GT3車両で初のニュルブルクリンク

2019/03/24

VLNレースRd1を無事に終えました。

昨日のレースは霧の影響で朝の予選からディレイが続き決勝レースが行えるか不安な天候でした。ただ、昼くらいに無事に回復してくれて、変則的なスケジュールでの予選、決勝。

C3FF9E8F-0DC4-4664-9B80-D25BA8AE6C1F

02C45965-0CCA-4926-B78A-6A7E8D26EED3

決勝はトム・コロネル選手→松田選手→高星選手→藤井の順に走行。ノーミス・ノートラブル、総合23位(SP9-Proクラス 17位)でKONDO RACINGのNISSAN GT-R NISMO GT3で初のニュルブルクリンクVLNレースを終えました。

567B8015-F958-4783-AE51-66285F9B2CE5

1周25kmもあるニュルブルクリンクのコースは最高峰のGT3車両でも1周8分以上も時間が掛かり、各セッションに対して乗れる周回は僅か数周。

ニュルブルクリンク24時間へ参戦する多くのチームは、このVLN Rd1〜Rd3の予選や決勝レース、5月のQFレースを利用しながらマシンのセットアップやタイヤテストを行い、6月の24時間レースに向けてステップを踏んでいきます。

今回は霧によるディレイもあり短いレース時間でしたが、ドライバー全員が走行距離を重ねられるようにと、ピット回数を増やして走行経験を増やす時間を作ってもらったため、もちろん順位は下がってしまいますが、お蔭で自分自身も今週を合計して7〜8周?位の走行経験を重ねることができました。

EC4DA918-C6FC-4862-ADCB-53E404885F32

93720CB1-D30C-4A4F-8B69-27A7FD338DB7

次は4月末のVLN Rd3に参戦予定です。

素晴らしい環境を用意して頂いた、近藤真彦 監督、アドバイザーのクルムさん、KONDO RACINGのスタッフの皆さん、NISMOの皆さん、横浜タイヤの皆さん、本当にありがとうございました。そして、ドライバーのコロネル選手、松田選手、高星選手と一緒にVLN初戦を戦いましたが、楽しい旅でした!

7AFEAC3E-661B-492E-A824-4DB35A8082A5

C07E97D1-3965-4278-93AA-3F199D1AB016

そして、同じピットガレージには、往年の名ドライバーのマーティン・ブランドル選手も。一つ隣はデイトナ24時間で一緒に戦ったヴィンケルホック選手でした。

CB54BCBD-9E5D-4B99-B489-330B7A4CA762

A451FC73-6BE3-41DE-ADE5-FD9D3CE935FB

さて、今はフランクフルト空港のホテルにいます。これから日本へ帰ります!明日、早朝に着いたらそのまま富士で仕事なので、もう少しハードスケジュールを頑張ります…

■関連ページ
VLN:KONDO Racingのニュルブルクリンクへの挑戦始まる。「まず初戦は100点満点のでき」
VLNニュル耐久シリーズ開幕。ローヴェの99号車BMWが優勝。日本勢もきっちり完走果たす