BLOG

2018年FIA世界耐久選手権 WEC富士6時間耐久レース

2018/09/27

本日、WEC富士戦のエントリーリストにて発表された通り、D’station Racingは俳優のパトリック・デンプシー氏がチームオーナーを務めるポルシェの名門チーム「#88 DEMPSEY-PROTON RACING」とジョイントして、チームオーナーである星野敏 選手が「2018年FIA世界耐久選手権 WEC富士6時間耐久レース」へ挑戦します!

42644408_1839776159474008_3387105256524480512_n

42670912_1839776246140666_6832840720764633088_o

正式決定までには苦労もありましたが、シリーズエントリー以外でチャンスを得る事が難しいWECスーパーシーズンの1戦に、星野選手が参戦できることが決まり本当に嬉しいです。僕の立場として隠す必要も無いので言いますが、TBAとなっていたブロンズ枠のシート獲得に向けてヨーロッパとのやり取りを重ねてProton Competitionと交渉を進めてきました。

2018092701

Porsche Carrera Cup Japanで2度のクラスタイトル獲得やPCCJでの速さ、そして、スーパー耐久、ブランパンGTアジア、デイトナ24時間、ドバイ24時間など、様々なレースで経験を重ねてきたこととPorsche GT3Rでの経験や実績もあり、最終的に星野選手がこのWEC日本戦に参戦できることが決定しました。

言うまでもなく、Proton Competitionはポルシェの名門チームで長くWECやルマン24時間、ELMSに参戦するトップチームです。パートナーのジョルジオ・ローダ選手、そして、ポルシェ契約ドライバーでもあるマッテオ・カイローリ選手の2人も経験豊富で、2人はWECにフルシーズン参戦している以外に、ELMSのLMGTEクラスでも#88 Proton Competitionとともに現在シリーズランキングトップの選手です。

WECのLMGTE-AMクラスは、プラチナorゴールド / シルバー / ブロンズのドライバー構成ですが、ジェントルマンドライバーであるブロンズ枠として挑戦できるPRO-AMクラスのカテゴリーとして、WECは世界選手権ですから最高峰のフィールドだと思います。

2018092702

2018092703

NEXUSグループの代表としての顔、D’station Racingのチームオーナーとしての顔、そして、自身としては、元はフェンシング選手で全日本選手権も制覇した生粋のアスリート。自らD’STATIONを立ち上げ、NEXUS株式会社を年商2400億円の企業へと成長させ店舗数も伸び続ける傍ら、ジェントルマンドライバーとしては目標に向けて毎朝早朝からトレーニングを重ねてモータースポーツにも力を入れてこられました。

そして、現在はPCCJで若手選手と一緒にトップ争いができるスピードを安定して示し、スーパー耐久ST-Xでの速さや安定感も、全て星野さんの日々の努力の結果だと思います。

2018092704

素晴らしいタイミングでこの大きなチャレンジを手に入れられたので、是非、WEC富士戦では世界選手権への挑戦を純粋に楽しんで欲しいです。

来週はイタリアで行われるPorsche 911 RSRの最終テスト走行に参加し、再来週には走り慣れた富士でWEC日本戦へ参戦します!

是非、星野選手の新たな挑戦を応援してください。