BLOG

D’station Racingの強みを全て出し切れた開幕戦での2位表彰台!

2018/04/11

仕事が続いていてご報告が遅くなりました。
SUPER GT開幕戦の事を書きたいと思います。

2018_GT1-08501

既にチームのレースレポートやメディア記事に色々と展開が載っていますが、お蔭様で2018年のSUPER GT開幕戦は幸先の良いスタートを切る事ができました。

公式テスト時の感触から「岡山は苦しいかな?」という印象を感じていて、その中で粘り強く戦って最低限のポイントだけは得て、公式テストでも好調だったRd2富士500kmは必勝で挑みたいというのが本音の気持ちでした。

2018_GT1-05653

2018_GT1-04762

予選では路面温度が想定より低く、Q1を担当したスヴェンも難しいコンディションの中で頑張ってくれましたが、20位…(涙) ただ、公式テスト時から「決勝重視、レースに強い」に重点を置きタイヤ選択をしていたので、決勝に向けて全く諦める気持ちは無かったです。とはいえ、20位から抜き所の少ない岡山ですから、「ポイント圏内までいけたらいいな??」という位にしか考えられる状況ではなかったです。

2018_GT1-05796

2018_GT1-05080

2018_GT1-06652

スタートを担当しましたが、後方スタートなゆえ危ない場面も多くあるし、焦らず確実に順位を上げていこうと、後方から来るGT500と絡むチャンスを利用して少しずつ抜いていきました。何台をコース上で抜いたか覚えていないけど、まぁまぁ沢山抜いたと思います・・・。ペースも悪くなく、トップとの差も大きく広がる状況ではなかった事を無線で聞いていたので、燃費とフロントタイヤを労わりながら2本交換でピット作業時間を稼げば最終的に6位~7位辺りまで行けるのでは??と考えながら走行していました。そして、周りの車両のピットインもあり担当した44周のスタートスティント後半には#55 BMWを抜き、暫定トップまで順位を上げてピットインできました。

2018_GT1-02150

2018_GT1-10103

予定通り、最小限の給油時間が実現でき、更にリアタイヤ2本交換の戦略に加えて、搬入日に大雨の中でも周りのチームより遅くまで雨がっぱを着てタイヤ交換練習を何度も繰り返してくれていたメカニックの皆の頑張りと素早いピット作業により、ピット停止時間で大幅に稼ぐことができ、スヴェンがコースインをした時は4位までポジションアップ。

正直、こんな上まで順位を上げられるとは思っていなかったのでビックリでしたし、メカニックの皆に本当に感謝です。その後、スヴェンも最高の走りをしてくれました!

苦しいレースを想定していた岡山なので、4位でも十分だとチーム全員が思っていたと思います。そして、テレビにもずっと映っていた#65 AMGとの3位争い、その後の#25 MCとの2位争いでもクレバーな走りで、2位まで順位を上げてくれました!最終的にはトップと5秒差。

2018_GT1-10024

正直、20位スタートからの2位表彰台は全く想定も想像もしていなかったです。マザーシャーシ&JAF-GT車両が上位を独占すると思われていた岡山で、FIA-GT3車両の中で唯一の表彰台を得られた事は嬉しい結果ですね。

この開幕戦での2位表彰台はD’station Racingの強みを全て出し切れたからだと思います。

いくら後方の予選順位だろうと、常にチーム全員が高いモチベーションで自分の仕事に100%自信を持って諦める事なく戦えているし、ドライバーやスタッフがそんな雰囲気になるように、首脳陣である星野チームオーナーや佐々木総監督、武田監督が常にそういうムードを作ってくださっています。

2018_GT1-05117

2018_GT1-08481

昨年はポルシェワークスドライバーとしてのメインプログラムがADAC GTだった為、スケジュールの重複でスポット参戦だったスヴェンも、今シーズンのSUPER GTを戦う事に対して高いモチベーションを持って日本へ来ているし、スヴェンとはまだ6戦しか一緒にSUPER GTを走っていないけれど、気が付けば6戦中3表彰台。もちろん、昨年の最終戦はバーストが無ければ優勝できそうな状況だったし、そういう意味では安定して良いレースを続けられていると思います。

30261005_1614700155314944_1078317256955396096_o

2018_GT1-08745

そして、今回の岡山を振り返っても「決勝での強さ」を発揮できたのは、言うまでもなく横浜タイヤさんのお蔭です。

Porsche 911GT3Rはサスペンションのレイアウト的に径の大きなタイヤがフロントに履けないため650の専用サイズ(他のFIA-GT3車両は680 or 710)。更に、Porsche独特のRRレイアウトによりタイヤ開発はとても難しい車種の一つだと思います。その中で、このオフシーズンのテストでも横浜タイヤさんが素晴らしいタイヤを用意してくださり、速さと耐久性のバランスが高いレベルで発揮できるタイヤに仕上げてくださいました。タイヤ攻撃の強い岡山でリア2本交換でも安定した速さを発揮できた事で、タイヤパフォーマンスの高さも示せたと思います。

2018_test_049

2018_GT1-04758

次戦は富士500km

公式テストではトップタイムも記録できているし、昨年も優勝できそうなパフォーマンスを発揮しての3位表彰台を得たレース。ハンディウエイト30kgも加算され状況は変わりますが、今回のようにどんな状況でも得られる最大の順位を掴みたいし、もちろん、公式テストの仕上がりからも必勝で挑むために、万全の準備をしていきたいと思います。

2018_GT1-02659

こうして振り返ると、改めてD’station Racingに関わる全ての方々、皆の力を発揮できた事が好結果に繋がった最大の要因だと思います。

素晴らしい走りで2位表彰台に繋げてくれたスヴェン。完璧な体制を用意してくださったD’station Racingの星野チームオーナー及びチームの母体であるNEXUSグループ様。横浜タイヤ様、全パートナー企業様、スポンサー各社様、佐々木総監督や武田監督。個人的にも過去に他のレースで一緒に仕事をしてきて、今季はSUPER GTでも一緒に仕事をする高根エンジニア。そして、Hankook Porsche時代からSUPER GTで長年に渡りPorscheで戦い、その全てを知り尽くすKTRのメカニックの皆。ポルシェバイザッハより派遣されて毎戦ドイツから日本へ来てくれているエンジニアのマックスやPorsche GT3Rの活動をオペレーションしてくれている鈴木さん。レースクィーン・フレッシュエンジェルズの皆。その他にもD’station Racingの活動に関わる全ての方のお蔭です。

2018_GT1-08505

2018_GT1-08450

30265387_1616135861838040_3434017818499088384_o

そして、後方からのスタートでしたが、追い上げを期待してずっと応援してくださったファンの皆さんにも心から感謝しています。
本当にありがとうございました!

っという事で、次回のRd2富士500kmもチーム力を100%発揮できるように頑張ります!
その前に、週明けは公式テスト鈴鹿です。スヴェン不在ですので、また1人で8時間走りますが、Rd3鈴鹿に向けて充実したテストにしたいと思います。

2018_GT1-04317

■関連記事
・2018年SUPER GT第1戦 – D’station Racingレースレポート
・D’station Racing スーパーGT第1戦岡山 レースレポート
・第1戦 岡山国際サーキット:決勝 GT300レビュー
・D’station Porsche驚異の18台抜き、藤井誠暢「予想以上の結果だった」


(↑ハイライトにスヴェンのカッコイイ オーバーテイクが映ってましたね!)