BLOG

D’station Racingのドバイ24時間レース初挑戦はA6-PROクラス6位(総合13位)で完走しました!

2018/01/14

昨日、13日の14時にレースフィニッシュを迎えた2018年のドバイ24時間レース。
D’station Racingのドバイ24時間初挑戦はA6-PROクラス6位(総合13位)で完走できました!

RHN_8468

10日から始まった練習走行では電気系のトラブルが解消せず、エンジンのミスファイアがあり苦しいレースウィークの始まりでした…

RHN_0748

RHN_3803

しかし、原因を見つけるのが難しいとされる電気系トラブルの原因解消に向けて、メカニックの皆が毎晩夜中まで作業をしてポルシェのエンジニア達と共に決勝に向けて全ての問題を解消してくれました!

RHN_7018

RHN_7027

練習走行でのトラブルでピットイン⇔アウトの繰り返しで、マシンのセットアップも十分に煮詰まっていない状況での予選になりましたが、担当した荒さんは苦しいマシンでも流石の走りで走行。その後のナイトセッションも4人でシェアしながら基準タイムクリア等、レースに向けて必要な最低限の走行をこなしました。

26685701_1526834100768217_1834336203816582171_o

26758209_1528377747280519_5983090399695335154_o

決勝は、D’station Racingのスーパー耐久チームの普段の流れと同じように、荒さんがスタートドライバーを担当、その後、星野さん、近藤くんへと繋ぎ、最初は4スティント目に藤井が乗りました。

26910506_1527710424013918_1371139092515783787_o

E7656DEA-5ACA-4EB7-8E99-4595434FAE11

RHN_3796

その後は夜間の走行が続き、変則的にドライバー交代をしながら皆でマシンを労わりミス無く走行を続け、無事に翌朝を迎えられました。

26685797_1528120927306201_3228928296840286713_o

26840974_1528377610613866_8606615701528190164_o

ハイペースで上位争いをしていたチームが続々とトラブルや接触等のアクシデントで戦線離脱をしていく中、「おおよその立ち位置(順位)も決まってきたし無理なく確実に走ろう」と、翌朝からは少しペースをコントロールしながら目標である完走を目指して走りました。

26756998_1528120923972868_2515598503637053971_o

そして、最後は星野さんがチェッカードライバーを担当!

26240664_1527872783997682_1930107566162401913_o

26678192_1528564590595168_6025387812827473532_o

練習走行でのトラブルなどもありマシンセットアップ等が万全ではなく、スピード面では正直ライバル勢から遅れをとっていたと思います。しかし、「速さで負けている分、より確実に行って順位を上げよう」と戦った結果、24時間の長丁場をノーミス・ノートラブルで走り切れました。

587周もの周回数を走り、何度も何度もピットインでルーティンの作業もあり、本当に長い24時間のレースでした。

19055481_1528120920639535_887352714056834566_o

26840988_1528377523947208_1158704013510531745_o

星野さん、荒さん、近藤くんと役割分担をしながら力を合わせて、僕たちドライバーも接触や黄旗無視などのペナルティも一度もなく確実な仕事ができたと思いますし、チームスタッフも万全なピット作業、そして完璧なマシンを用意してくれて、マシンは何一つトラブルなく24時間を走り切ってくれました。

序盤に少しタイヤバーストがありましたが、他は完璧だったと思います。

26849998_1528564597261834_2588641166736408592_o

結果は、A6-PROクラス6位(総合13位)

もちろん、表彰台や優勝ができれば最高でしたが、そんなに甘くないのが海外での24時間レースだと思います。

表彰台へは届きませんでしたが、与えられた状況の中で得られたベストリザルトだと思います。

8053F48E-3CE4-4422-926B-C07C65565761

538F6E39-9252-4A76-A6B8-77795EF996C1

現役の日本人ドライバーで唯一ルマン24時間の総合優勝を挙げている荒さんの数々の耐久レースの経験、PCCJやスーパー耐久での速さのようにドバイ24時間でもライバルチームのブロンズドライバーより速さも安定感もあり、しっかりと規定乗車時間の倍の走行距離も走った星野さん、そして、初の海外レース、初の24時間レースでも確実な仕事をしてくれた近藤くんのお蔭だと思います。

ドライバー4人の間で強い信頼関係があったので、自分も担当する役割に集中して仕事ができました!

26910111_1528377617280532_5370085179550114329_o

RHN_3081

そして、お忙しい中でスケジュールを調整してドバイまで来てくださった佐々木総監督は、ライバルの状況に対するインフォーメーションやメンタル的に少しでも楽になるようにと「確実に行けば必ずクラス上位に行ける!」と僕たちドライバーがリラックスして走れるように沢山の情報やアドバイスをくださいました。

RHN_4017

最後になりますが、D’station RacingのFBページやネット中継等で日本から応援してくださった皆様も本当にありがとうございました!!!

そして、一緒に24時間を戦いぬいた星野さん、荒さん、近藤くん、佐々木総監督、米山監督、金井エンジニア、高根エンジニアをはじめ全メカニックやチームスタッフに心から感謝しています!!

個人的にもチームメンバーの多くは、Hankook Porsche時代に一緒に仕事をしていたり、他で一緒に仕事をしているメンバーが多く、気心知れたスタッフの皆と海外でレースを戦えて本当に楽しく24時間を走れました!!

26841392_1528564793928481_4525536676559677507_o

26677762_1528564800595147_7160501339567633150_o
(↑↑↑ちょっとした諸事情で世界の荒さんが撮影のタイミング的に写真に入れなかったのが唯一の残念でした…涙)

サーキットも夜の食事も、本当に毎日が濃くて最高に充実したドバイ24時間レースでした!

何気に過去の海外レース経験の中で日本人スタッフがいる環境は初めてでしたが、やっぱり落ち着きますね…

EF2AA73C-F9F6-42DE-B199-8234893A7A85
(↑↑↑ 24時間チェッカーを迎える直前に佐々木さんと写真を撮りました。佐々木さんとある約束をしたのでSUPER GTも頑張りますよ!!)

P.S.
スヴェンの乗るポルシェ名門のマンタイレーシングが2年連続の総合2位でした!スヴェンおめでとう!そして、直前までアメリカでデイトナROAR TESTを走っていて、アメリカ→ドバイと飛んできた彼はタフですね…^^;

817F8488-EBA6-4A80-BC3F-529B4ABD0DF2

C7977B55-E73A-48C1-91BA-6E33BF5649C1

◆お知らせ
今夜は12月末に収録したSUPER GT+ 愛車自慢コンテストの放送日でした。
僕は飛行機の中で見れませんが、お時間のある方は23時半~テレビ東京を見て下さい!