BLOG

レンジローバーを選んだ理由

2017/12/05

今年、我が家のSUVをランドローバー社(レンジローバー)のクルマにしました。

6BDC337F-EE7F-4F3A-A929-47A2878AD0AD

ブログ等には特に載せていませんが、昨年からジャガー・ランドローバー・ジャパンさんの仕事をさせて頂く機会があり、その独特なクルマ造りに興味が出ていました。

仕事上、国産車は日産車以外に乗る機会はほぼありませんが、輸入車は様々なメーカーの仕事をさせて頂く事が多いです。あえて書きませんが、今年もスーパーカー、スポーツカー、スポーツサルーン、SUVやEV等、様々なジャンルのメーカーのクルマに乗る機会があり、それぞれの特徴や最新技術に関していつもとても興味を持っています。もちろん、自動運転技術の進化にも個人的にはとても興味があります。

今年も年間で数十日位はこれらの仕事をさせて頂く機会がありましたが、メーカーや車種、大きさ、グレードに関わらず、どのクルマもそれぞれユーザー用途やライフスタイルに合わせてラインナップされているので、色々なクルマを知ることで自分自身も勉強になりますね。

77BEBCE0-FB56-4261-A39A-72549535AEF0

話は戻り、今年夏にジャガー・ランドローバー・ジャパンさんの仕事で、今多方面でかなり注目を集めているミドルサイズSUVの「レンジローバー・ヴェラール」を発売前に某テストコースで走行(車両パフォーマンスをフルに発揮)する仕事がありました。

SUVでは想像しにくい位のハイスピードでバンクへ進入してみたり…(汗)

1F3F63F7-4800-4979-A482-879580F14A3C

乗ったグレードが3.0リッターV6スーパーチャージャーだったので、エンジンも太いトルクで約400馬力弱(確か380馬力??)もあり、スロットルに対するレスポンスと加速感が鋭いし、僕のSUV最高速記録を大幅に更新しました(笑)

3年前にポルシェ918スパイダーを富士で走行して記録したのが自分の市販車最高速(確か315km/hかな??)ですが、ヴェラールでの限界走行ではSUVとは思えない程の最高速を記録したので個人的にはネタになる領域でした。

もちろん、オーバルコースならではのスピードですが…

12EB2EB6-B816-43B1-A671-478C34BE0911

プラットフォームは、ジャガー社初のSUVで軽量なアルミモノコックSUVとして昨年発売されてから注目され続けている「Fペース」と同じ。SUVなのに低重心で高剛性、キビキビとしたハンドリングとマイルドな足の動きが印象的で、上に書いたハイスピードの走行でも驚くほどの安定感と乗り味でした。

歴史的にもSUV一筋の老舗メーカーで、「英国王室御用達のSUV」「砂漠のロールスロイス」ともいわれるランドローバー社(レンジローバー)のSUVを選ぶ方の理由がわかってきました。

そして、我が家のSUVをヴェラールにしたいな〜っと真剣に考えるほどになりました。結果的に妻も乗るのでもう少し小型なSUVが希望ということでイヴォークにしましたが、DNAは似ていますね。僕的なレンジローバーはワインレッド&ブラックホイールが好きです。

7D20AC5C-9541-4287-8D7D-8535D7D2C6B9

ずっとSUV派だった自分としては他にも気になるクルマがありますが、ヴェラールにも乗ってみたいな〜。

———————————

そんな時に、僕には困った情報です。

63B48A9C-725B-42DC-AAD7-5B07F7DCE275

今年1月のデトロイトショーでコンセプトカーが公開されてからずっと一目惚れしていた「インフィニティQX50」が、今開催中のロサンゼルスオートショーにて、その詳細が発表されました。

EC393ABF-DF95-4E80-87E2-5A0C03C39033

AECD79B1-A3EA-4EE7-9D22-6766453B1341

エンジンも、世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」という新技術らしく気になりますね〜。以前、インフィニティEX35(QX50)オーナーだった自分としては、後継モデルとなるコチラもかなり気になっています…^^;

欲しい~!!