BLOG

AFコルセ – Ferrari 488 GT3

2016/10/29

今週のスペインでの業務が全て無事に終了。次の仕事があるので、急いで日本へ帰ります!

20161029-050631.jpg

今回のスペイン バレンシア サーキットでは、縁あって、フェラーリ社のGTプログラムを請負っている、AFコルセのFerrari 488 GT3テストに参加してきました。

20161029-050713.jpg

自分的には、最近はフェラーリ車両でレースをしていないので、イメージが薄いかもしれませんが、2009年〜2010年はPilota Ferrariの公式プログラムと契約していましたし、2009年のSUPER GTはFerrari 430 GT(GT2 / 現GTE車両)で2勝しました。2007年のJLMCではFerrari 550 GT1に乗っていたのも今では懐かしいですね。
(↓↓ iPhoneにフェラーリ的な懐かしい写真がありました↓↓)

20

29

2007_jlmc4-00694-1280x853

公開OKな内容や写真を紹介しますが、AFコルセは、WECやGT3プログラム以外にも、数多くのレースをオペレーションしている名門チームなので、その仕事の内容やフェラーリ社との密接な信頼関連には太いものがありますね。

20161029-051020.jpg

これまでレースやテストを含めると、数多くのFIA-GT3車両に乗ってきましたが、また新たに最新スペックのGT3車両を知れること、そして、特に今最も良いのでは?と言われている車両をテストできる機会は、少なからず様々なメリットがあります。もちろん、そのクルマ作りを理解できる事は何より大きなメリットです。

20161029-050837.jpg

20161029-052655.jpg

現、FIA-GT3車両の中でも、最もGTE車両に近いクルマ作りがされているFerrari 488 GT3。価格も高いですが、噂通り、バランスが良く戦闘力のあるマシンですね。

20161029-052356.jpg

ロードカーも458以上に低重心でエンジン搭載位置がかなり低いMR車両である素性の良さ以外にも、特に独自の最新式TC等の電子デバイスや、ブーストやスロットル関係を電子的に効率良く制御するシステムが素晴らしく、その辺りがより戦闘力を引き立てており、ターボ車でも癖のない乗り味に繋がっていますね。

そして、アップグレードキットを装着するとGTEレギュレーションに合致するのも魅力の一つ。

20161029-051519.jpg

初めて走ったバレンシアサーキットは、低中速の複合コーナーが多く、イン側・アウト側の縁石がフラットなので、コース幅を攻められる、チャレンジングで楽しいサーキット。

何よりこの時期に気候の良い暖かいサーキットを走れるだけでも最高ですね〜^ ^

20161029-052923.jpg

さて、今のスペインは朝4時半。朝6時のフライトを予約したので空港はガラガラです。バレンシアは直行便が無く、これからドイツへ飛び、フランクフルト空港を経由して日本まで帰ります。

道のりは長い…(汗)
復路は乗り換え時間を含めると計18時間??東海岸のデイトナくらい遠いです…

20161029-051734.jpg

今回はLufthansaで来ました。帰国後も仕事が続くので、飛行機ではしっかりと爆睡したいと思います。

では〜