BLOG

賞金3000万円! 鈴鹿10時間レース

2018/05/22

今日の仕事が終わったら再び鈴鹿へ移動します。
明日、明後日は、今年の夏に開催される新しいレース「第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」の公式テストに参加します。

58A3C1D8-4694-4F8C-A741-80829A3B6892

F3E0D555-DD1D-4850-987E-E67A32120AF9

参戦体制等の発表はもう少し先にチームから正式に発表される予定ですが、暫定エントリーリストの通りD’station Racingは2台(SUPER GT用とスーパー耐久用)のMY18型 Porsche 911GT3Rでエントリーをしています。

ポルシェバイザッハとの調整があり時間がかかっていましたが、先週末に最終的なドライバー体制も決まりました。かなり楽しみなラインナップになると思います!

スーパー耐久用車両は来週の富士24時間レース直前ということもありテストへは参加せず、今回はSUPER GT用車両の1台でテストに参加します。スケジュールの関係で、このテストでは藤井1人で走りますが、ピレリタイヤへの合わせ込み等を2日間しっかりと行いたいですね!

BBD4D8D2-3244-40CB-87C7-25FD8F651DE3

9705D456-BA9E-4454-80F1-4E111EECC13D

Intercontinental GT Challengeの1戦として、鈴鹿10時間が開催されるため、Porsche勢も、Manthey-Racing、Craft-Bamboo Racing、Black Swan Racing等、バサースト12時間にエントリーをしていた強豪チームが鈴鹿へ集結。その他の海外勢も、複数のマニュファクチャラーからワークス格のチームが鈴鹿へ来るので、かなり盛り上がると思います!

日本勢としては、IGTCのフォーマットが採用される場合はピットレギュレーション等も異なる事が多いため、レースまでの間に様々な事を学ぶ必要がありますね。

そして、何と言っても『優勝賞金3000万円!』
総額で1億円もの各賞金を準備されて、こんな夢のあるレースを企画し、開催してくれる鈴鹿サーキットさんの想いは本当に凄いと思います。

F3352935-6967-4426-9532-B626462E180F

以前、SUPER GTでJAF Grand Prixが開催された頃は、3位→2位→優勝と、3年連続で賞金を稼がせてもらいましたが、今回も頑張らなければ…(笑)

ということで、まずは初めの一歩。
明日・明後日を充実したテストにしたいと思います!

残念ながらノーポイント…

2018/05/20

SUPER GT Rd3鈴鹿は、練習走行から比較的フィーリングが良く、予選もQ1を3位で突破し、Q2で7位。

B74B1F7F-03BE-4924-A4EB-65138FEB800D

決勝はスタートを担当し、1周目に2台を抜き5位にポジションを上げましたが、その後、選んだタイヤと路面とのマッチングに苦しみ、SC明けに早めのピットインをして別のタイヤへ4本交換する展開でした。

547F771A-9B19-4B6B-9256-BADEDEFD479C

その後、スヴェンも苦しい中で頑張ってくれましたが、予想以上にペースが上がらず、残念ながら11位でフィニッシュ。

64FA476C-6A9E-41A7-AE27-2A805AA18FFC

今回は残念な結果に終わりましたが、シリーズランキングはトップから6点差の5位。まだまだチャンスはあるので、諦めずに次戦に向けてチームとともに頑張って準備をしていきます!

沢山の応援をありがとうございました。

■関連記事
・2018年SUPER GT第3戦 – D’station Racingレースレポート
・D’station Racing スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

いよいよ明日からSUPER GT Rd3鈴鹿戦が始まります!

2018/05/18

先日のニュル24時間を終えて、スヴェンやポルシェバイザッハから来てくれているエンジニアのマックスも日本へ到着!

45F27967-953B-4F72-98BA-C334939DDAB3

DF23FFD9-68DC-44D1-92A9-D71126DE3889

031061EC-15CE-4344-A2C2-5BBD0D30D0E5

Rd1岡山の2位、Rd2富士の6位で、今回は計40kgのハンディウエイトを積んで走ります…

チームスタッフの皆も少しでもピットタイムを稼げるように、設営後に何度もピットシュミレーションをしてくれているし、今回もD’station Racingのチーム力を発揮して、粘り強く上位でポイントを稼げるように頑張ります!

ED0918D6-15F6-4D53-A0DE-F313A94D4E11

91C12E19-DE35-4369-AFCB-9A0687928602

速報はD’station RacingのFBページにアップされます。
是非こちらもご覧ください!

ニュル24時間の予選でスヴェンが2位!

2018/05/12

ニュル24時間のTop-30-QualifyingでFALKEN PORSCHEの予選アタッカーを務めたスヴェンが2位!

11C53CC0-0547-4359-86D8-280A8AB701B6

決勝も楽しみですねー!
是非、J SPORTSで応援しましょう!

40BAD4F0-34A6-4B14-AD60-7FB969138869

C4B0CE77-2567-4703-8C8E-51640EBACB36

そして、ニュル24時間の会場で、19年仕様のFIA-GT3車両、PORSCHE 911 GT3Rがお披露目されました。

F2613AA3-F4E2-4134-A8CC-088000A60B0F

遂に、GT3Rにもサスペンションレイアウトが変わる大幅モディファイがされ、タイヤサイズが他のFIA-GT3車両と同じ650→680サイズが履けるようになったそうです。

外観もコックピットも、これまでのGT3Rと全く異なりGT3RSRのような雰囲気ですね〜

E21B65A0-74CB-4511-9E17-4A57D190EB0E

5AAC9D9B-48B7-45E3-922A-C6A366C2CB6F

富士500kmは精一杯の6位… シリーズは2位と同点の3位

2018/05/05

SUPER GT Rd2 富士戦、沢山のお客様でグランドスタンドも埋め尽くされていましたが、予選日・決勝日の合計は86,300人もの来場者数だったようですねー。

9FF16101-4A51-496A-9480-4DE6DD4D4D9C

D’station RacingのFBページにも速報が載っているように、結果は予選9位→決勝6位。

正直、想定していた速さもなく、レースラップも苦しく、その中でタイヤ選択や戦略を変えたり、あの状況の中で最善と思われる戦い方で上位進出を目指しましたが、残念ながら6位が精一杯でした… もちろん、30kgのハンディウエイトの影響もありますが、本来なら武器にしたいストレートスピードまでも圧倒的に苦しい状況でした。

しかし、苦しいレースを6位入賞で凌げたのは、チームやスヴェンと力を合わせて全員でミスなくD’station Racingのチーム力を引き出せたからだと思います。

CED57D75-AA4E-4B14-A13A-FE0F0A730FC4

2018年のSUPER GTも2戦が終わりました。現在はシリーズ2位と同点の3位。

Blog18050501

blog18050502

本来、富士が表彰台狙いで、岡山が入賞くらいかな?と予想していたので、逆のリザルトになりましたが… 次戦の鈴鹿では再び大量ポイントを狙えるように頑張ります!

沢山の応援をありがとうございました!

AF4EEDB8-0D44-451A-82F8-CE65365443FD

A3CFFD74-226B-4278-9783-513541F01E75

31781906_1641954252589534_5110611031806181376_o
(↑ピットウォークにはチームの母体であるNEXUS社の公式キャラクターの「きずなちゃん」も登場!)

■関連記事
・2018年SUPER GT第2戦 – D’station Racingレースレポート
・D’station Racing スーパーGT第2戦富士 レースレポート