BLOG

今年も一年間ありがとうございました。

2015/12/30

2015年も大晦日となりました。
昨夜までは食事の予定が入っていましたが、日中は家の掃除をしたり、子育てを手伝ったり、自宅でゆっくりとリフレッシュしています。

20151231-104855.jpg

一昨日は息子の一カ月検診に行き、順調に成長してくれている事を聞きホッとしました。

今日は朝から、今年を振り返りながらブログ記事を書いていますが、あっという間に一年間が終わった印象です。今年も自分自身にとって毎日がとても濃い一年でした。

20151231-104039.jpg

レースに関していえば、初挑戦となったデイトナ24時間からシーズンが始まり、ROARテスト、本戦と2度連続してアメリカへ行き、Flying Lizard Motorsports(FLM)と良い仕事ができたと思っています。

Blog1512312001

結果は10位に終わりましたが、展開次第では表彰台のチャンスも十分にあったでしょうし、後に始まったFLMとTOYO Tires USAの北米でのプログラムからオファーを頂いたのは、このレースがキッカケになった事は間違いありません。そういう意味でも未知の国だったアメリカが今後は益々楽しみな国に感じています。

もちろんチャンスがあれば再びデイトナ24時間へFLMと挑戦したいです!

blog1512311

国内のSUPER GTに関しては、Audi Japanのサポートにより2014年より発足されたAudi Team HitotsuyamaとしてのSUPER GTへの挑戦。2年目の今シーズンは欧州Audi Teamの強豪でもあるWRTとの提携により、昨年以上にチームの総合力が向上。

20151231-091426.jpg

監督兼エンジニアであるWRTのピエールやメカニックのジャックもチームへ加わり、レース無線やミーティング等の全コミュニケーションが英語になったりと日本のSUPER GTでありながら新たな経験ができました。リチャード選手との2年目のコンビもやり易く信頼関係がより強くなり、とてもスムーズに仕事ができたと思います。

Blog1512312

結果に関しては、雨の開幕戦で3位表彰台に登り好スタートを切ったものの、気温の上がる暑い時期は苦しいレースが続いたのも事実です。そんな中で雨絡みの鈴鹿や気温が低くなった後半戦では連続入賞を繰り返し苦しい中でポイントを重ねる手堅いレースができた事はチームとして今後に向けて意味のある内容になったと思っています。

20151231-091748.jpg

チームを支えてくださったAudi Japanさん、Audi Financial Servicesさんをはじめとするチームスポンサー各社様やチームの母体でもあるHitotsuyama Racingの一ツ山幹雄オーナー、一ツ山陽介社長、一ツ山亮次チーム代表や全スタッフに感謝しています。

Blog1512314

そして、スーパー耐久に関しては、ニスモ契約ドライバーとして、今年もKONDO RACING&日産自動車大学校の学生プロジェクトのドライバーを務めました。このプロジェクトがスタートした2012年よりNISSAN GT-R NISMO GT3で4年目のシーズンを終えました。

20151231-084417.jpg

振り返ると今シーズンは最も総合力が高かったと思います。Rd5の岡山戦まではチャンピオンシップを争いながらも、結果こそ惜しくもシリーズ3位に終わった事を考えると悔しい部分もありますが、どんな状況のレースでも必ず安定してポイント獲得をした事、マシンの仕上がりも良く、予選ではGT-Rの速さを魅せられたレースが多かった事など内容的には最も良いシーズンでした。

20151231-084846.jpg

そして、何より学生プロジェクトとしてのプログラムの熟成や、学生スタッフによるチームへのサポートが、今シーズンの好結果に繋がった事も嬉しいですし、そのサポートに心から感謝しています。

20151231-084250.jpg

近藤真彦 監督の指揮のもと、KONDO RACINGと日産自動車大学校やスリーボンドさんをはじめとする数多くのチームスポンサー企業様のサポートにより学生の皆とともに戦ったスーパー耐久プロジェクト。チャンピオン獲得には届きませんでしたが、必ず皆と達成したい。パートナーとして戦った、星野選手、高星選手、岩崎選手(Rd2)、佐々木選手(Rd3)やニスモの皆さんにも感謝しています。

20151231-084629.jpg

その他、ニスモ関連では、NISSAN GT-R Racing School時代より講師を務めている「NISSAN GT-R Prestige Cup」では、鈴木利男さん、田中哲也さんとともに今年も講師を務めさせて頂きました。GT-R CTeを使ったこのプログラムはフェアでハイレベルなレースが毎回行われており、講師として参加していても各レースやり甲斐がありました。

20151231-090329.jpg

また、大森ファクトリー主催の走行イベントやFSW&ニスモ主催のサーキットレッスン講師、ワークスチューニングイベントにディーラーイベントや、ドバイでのNISMOブランドローンチイベント等、今年も沢山の機会でお世話になりました。

20151231-091251.jpg

参加型の走行イベントでは、多くのお客様をサーキットでサポートさせて頂くことができ、愛車でのサーキット走行やモータースポーツの楽しさ・クルマの楽しさ伝えるお役に立てたかと思います。今後もこのような活動を続けてクルマやモータースポーツを少しでも盛り上げていければと微力ながら思っておりますので、引き続き宜しくお願いいたします。

20151231-090417.jpg

そして、Porsche Japan関連では、今年もポルシェ公式ドライビングスクールである「Porsche Sport Driving School(PSDS)」や「Porshce Racing Experience(PRE)」「Porsche 911 GT3 Driving Experience」やWECでのイベント、また3月にはフィンランドへ各国から代表者が集まるPIEP International KickoffへPorsche Japanより初参加させて頂いたり、今年も多くの機会でお世話になりました。

20151231-085843.jpg

20151231-092839.jpg

Audi Japan関連では、SUPER GT以外にも、Audi Forumでのトークショーやディーラーでのトークショー、十勝でのサーキットイベント、Audi Fuji Circuit Experience等、沢山の機会でお世話になりました。SUPER GTでは、Audi Financial Servicesさんのキャンペーンでお客様がチームホスピタリティからチームを応援してくださるイベントも行われいて、心強い応援になりました!

20151231-090019.jpg

20151231-090052.jpg

フェラーリ関連では、Rosso Scuderia Autumn Grand Tour等でもお世話になりました。現在は日本ではPilota Ferrariの開催がされていませんが、またイベントが行われると良いですね!

ずらっとメーカーイベント等を振り返りましたが、その他にも沢山のイベントやドライビングアドバイザー等の仕事も沢山頂き忙しい一年でした。

20151231-092348.jpg

レースに関しては、もう2つ今年の活動がありましたね。
D’station Racing×KCMGのプログラムとして、リザーブリスト1枠でルマン24時間のLMP2クラスへエントリーをするチャンスを頂きました。

20151231-090559.jpg

クリエン選手、星野選手と公式テストデーには参加しましたが、今年はリザーブリストから上がるチャンスが訪れずテストデーのみとなりましたが、新たな貴重な経験ができましたし、来年もチャンスを探って挑戦できたらと思います!

20151231-090643.jpg

そして、今月上旬のアメリカ・カリフォルニアでの「25 Hours of Thunderhill 2015」はFlying Lizard Motorsport&Toyo Tiresの新プログラムのデビューレース。

20151231-091002.jpg

このアメリカでの重要なプロジェクトにドライバー契約のオファーを頂く事ができ、総合優勝という結果で北米で行われたタイヤ開発の成果を結果に繋げられた事を嬉しく思います。そして、今後もスケジュール次第ではアメリカでチャンスがあると思いますので、是非チャレンジして行きたいと思っています。

20151231-091048.jpg

大晦日なので2015年を自分なりに振り返っていたらとても長い内容になりました。

20151231-094347.jpg

毎年、私の活動をご支援してくださるパーソナルスポンサー各社様の力強いサポートのお陰で充実したシーズンを過ごす事ができました。あらためてこの場でお礼と感謝の気持ちをお伝えしたいです。本当にありがとうございました。

20151231-093934.jpg

そして、ファンの皆様。サーキットで声を掛けてくださったり、ブログやTwitterを通じての応援を本当にありがとうございます。来年度のレース活動に関してはクリスマス前に全て決めました。来年はとにかく結果を求めていきたいと思っています!

発表ができるタイミングになりましたら、公式サイトやブログ等でご報告をさせて頂きますので、引き続き沢山の応援を宜しくお願いいたします!

3 (1280x853)

それでは、皆様、良い新年をお迎えください!
今年も一年間本当にありがとうございました。

2015年12月31日 藤井誠暢

自宅での日曜日

2015/12/20

皆さん、お久ぶりです。
昼も夜もスケジュールがフルに入っていて、忙しかった今週も終わり、今日は9月中旬以来、久々に自宅での日曜日を過ごしています。

20151220-152226.jpg

先日は息子ができて初めてとなる自分の誕生日を迎えました。今年は4月に新居が完成。引越しや息子の誕生等、大きな変化があり今迄とは気持ちが違う自分の誕生日でした。これからは父としても、さらに頑張っていきます!!

20151220-153008.jpg

出産祝いや誕生日プレゼントもお世話になる方々から沢山お贈り頂きました。恐縮ながらありがとうございます。

息子が産まれて3週間が経ちましたが、毎日どんどんと大きくなってきました。いつも妻が1人で子育てを頑張ってくれてるので、今日は掃除・洗濯・食事・子供のお風呂などフルに家庭サービスしています。

20151220-152255.jpg

子育ては想像していたより大変なので、時間がある限り妻をサポートしなければと思っています。愛犬も赤ちゃんを理解してくれているようで安心しました。

今週はテストの仕事等で何度か富士に行きましたが、この時期の富士山は格別に美しいですね!富士山の写真が好きでいつも撮りますが、特に一昨日は芸術的な写真が撮れました。

20151220-152326.jpg

挨拶回りや忘年会、会食のお誘いも頂き夜も忙しく充実していました。ありがとうございました。

20151220-154329.jpg

そして、昨日の富士では、Audi Team HitotsuyamaのワークショップでもあるHitotsuyama GmbHが手掛ける「Audi A1 Racer」のテスト走行やこの車両のレンタルパッケージで来月の富士7時間耐久へ参戦する方々へのレクチャーや走行トレーニングをしました。

20151220-152405.jpg

A1は車重も軽く、コーナリングスピードが速い事、AT or パドルでの走行ができるので、誰でも簡単にサーキット走行にチャレンジできる事が魅力的ですね!走行フィーリングはコンパクトカーならではの奥の深さで攻めがいがあり楽しかったです。是非、興味がある方は乗ってみてください!

1to8.netさんの取材もあり内容は記事になっています。

20151220-154418.jpg

そして、先日 Audi Japanからは日本での「Audi race experience」開催決定がアナウンスされましたね。ドイツでは2010年より開始された本格的なサーキットプログラムです。

日本では入口となる「raining session」とタイムトライアル形式の競技により腕を磨く「circuit trial」の2つのプログラムが始まるそうで楽しみですね!
※詳細はアウディの情報サイト1to8.netの記事にも紹介されています。

20151220-154603.jpg

さて、早いもので今年も12月20日になりました。2015年ももう少しですね。非売品ですが、毎年、契約スポンサー様等へお配りする用に作り続けている来年版のオリジナル卓上カレンダーが届きました。年賀状の準備もできたので、今週は少しずつ手を付けていかなければと思っています。

公式サイト上では毎年恒例の年賀状プレゼントキャンペーンもやっていますので、是非、皆さんご応募ください!

そして、今年はこのブログを読んでくださった方限定で、サイン入り卓上カレンダーもプレゼントさせて頂きます!応募方法は年賀状と同じ宛先に卓上カレンダー希望と明記してメールをお送りください! 短いですが、年賀状と同じく12月25日(金)までの募集とさせて頂きます。

20151220-172624.jpg

それでは、年末まであと少し頑張っていきましょう (*^^*)

香港

2015/12/14

週末は香港へ行っており今朝帰国しました。
土曜日だけでも終わる用事でしたが、1泊して2日間フルスケジュールで香港を満喫してきました。

20151214-161841.jpg

2010年からレースを通じて、香港では色々な方にお世話になり随分と時間が経ちました。

久々に香港の街へ行きましたが、アジア経済の中心地だけあり、いつもパワフルで活気がありますね!

20151214-161402.jpg

「今週末行くよ!」とメールしたら空港へのお迎えからホテルの用意、食事に現地でのスケジュール調整、そして昨日は友達の馬が大きなレースで走るというので、競馬場へも行ってきました。

20151214-161546.jpg

もちろん、競馬は初体験です…
カジュアルな格好しか持っておらず、友達の家で正装セット一式をフルレンタルしました(笑)

20151214-161514.jpg

久々に家へ遊びに行ったら夜景がとても綺麗でした。

20151214-161438.jpg

とにかく、弾丸ツアー状態での香港でしたが、彼らのフルアレンジのお蔭で楽しい週末になりました。本題の業務も土曜日にしっかりと終えて、充実した旅になりました。

さて、今週は富士での仕事がいくつかあったり忘年会の予定も入っています。

今月も残り半分になりました。師走でやる事も多く忙しい日々が続きますが、年末まで頑張ります!

総合優勝!!「25 Hours of Thunderhill 2015」

2015/12/10

ブログでのご報告が遅くなりました。

12322510_10153362489812875_3262270373614863443_o

先週末にアメリカ・カリフォルニアで行われた「25 Hours of Thunderhill 2015」では、25時間の長く過酷なレースを全てノーミス・ノートラブルで走り切り、2位以下に35周の大差を付けて総合優勝で飾る事ができました!!!

12304334_10153359654287875_5788344845003181140_o

Twitterを見てくださっている方は、Flying Lizardのツイートでタイムリーに情報を見て頂いているかもしれませんが、レースウィークを通じて全てが完璧な週末になりました。

LMP3マシン等のプロトタイプマシンも多く参戦していたので、予選こそ総合6位に留まりましたが、GTマシン(ツーリングカー)では最上位。

12304477_10153361207407875_7481085095817792840_o

カリフォルニア時間で土曜日の11時にスタートした25時間の決勝レースは、Darren Law選手⇒藤井⇒Guy Cosmo選手⇒Johannes van Overbeek選手の順に、全ドライバーが連続ダブルスティントを走る戦略で25時間の長丁場レースへ挑みました。

887494_10153359652867875_5447741541353918536_o

Darren選手の1・2ダブルスティントの後、3・4スティント目が最初の仕事。13時半~16位までの2時間半強を走りましたが、このThunderhillはコース幅がとても狭くバンピーなうえに、65台もの複数クラスが混在するレース。そして、多くのコーナーがブラインドコーナーとなっており、さらにマシンのフロントが一瞬浮くようなジャンピングスポットが3箇所。先が見えないコーナーが多く、神経を多く使いました。さらに、このレースでは安全性を考慮したレギュレーションで、黄旗追い越しや接触には重いペナルティ(ペナルティストップ10分)が課せられるため、とにかく、安定してミスなく速く走ることがドライバーの仕事。

12357042_10153361208607875_5292931831119457161_o

とはいえ、この狭いコースに多くのマシンが混在していれば、接触やアクシデントは日常茶飯事。多くのマシンがペナルティ-や接触、マシントラブル等で戦線離脱していく中、我々のFlying Lizard&Toyo Tiresチームはミス無く、安定したペースで走行を重ねたお陰で、自分の最初の担当ダブルスティントを終えた時点で総合1位へ浮上。

12307304_10153361208512875_7945623655403524902_o

その後は、Guy Cosmo選手⇒Johannes van Overbeek選手が各ダブルスティントを担当し、Darren Law選手の2回目の担当スティントの後、真夜中の1時~2時半が2回目の担当スティント。夜10時から雨が降り出していた影響もあり路面はちょ濡れ。天気予報的にも乾く方向だったため、I/Mタイヤではなくスリックタイヤを装着して夜中の担当スティントへ向かいました。正直、夜中で視界も悪い中、路面が濡れた中でスリックタイヤで行くには大きな抵抗がありましたが、ストラテジストであるThomasの指示を信じてスリックで行きました。

12291158_10153359654527875_9108936674629519358_o

もちろん、ラインを少し外せば簡単にコースオフしてしまいますし、夜中で霧もあり視界は悪く本当に緊張感のある走行でした。そして、無事に夜中の担当スティントを終え、Guy Cosmo選手へバトンを繋ぎました。

12309613_10153362489322875_4400166236348901524_o

この時点でも総合2位に対して数ラップの大きなリードが築けていましたが、ワンミスをすれば全て終わり。ペナルティを取られるようなアクシデントがあると、簡単にマージンが無くなってしまいますし、チームもドライバーも慎重に、そして確実な仕事を続けました。

12356688_10153362489547875_3430451977336655464_o

翌朝7時を過ぎると明るくなり始め、夜中のスティントに再び降り出した雨は止むことがなく、ウエットコンディションのまま昼12時のチェッカーフラッグを目指さなければならない難しいコンディションでのレースが続きました。レースが20時間を経過した時点でも、Flying Lizard&Toyo Tiresチームの#45 Audi R8 LMSは一度もミスやトラブルがなく、安定してトップを独走。

12308184_10153362489407875_8058206910001619730_o

そして、長く過酷な25時間レースのチェッカーまで残り1時間強となった最終スティントが自分の最後の担当スティント。途中雨が強く降るようなウエットコンディションの中、最後のフィニッシュドライバーという大きなプレッシャーを背負い、必ずミスなくチェッカーまでマシンを運ぼうと集中してマシンを労わりながら周回を重ねました。

12309566_10153361208442875_3686721277671154146_o

そして、アメリカ・カリフォルニア時間の6日の昼12時、過酷なコンディションの中で25時間も長いレースが続いた「25 Hours of Thunderhill 2015」を総合優勝のマシンとして最初のチェッカーを自分が受けることなりました。

チェッカーを受けた時は「嬉しさよりホッとした気持ち」、そして、今年1月のデイトナ24時間レースに続き、Flying Lizard Motorsportsとの2回目の仕事。今回も自分として良い仕事ができた手応えがありますし、彼らのレースオペレーションは今回もとてもレベルが高く、その全てが完璧だったと感じました。

12314677_10153362490002875_7491816649280479376_o

Toyo Tires USAとFlying Lizard Motorsportsとのパートナーシップにより、今年よりアメリカでスタートしたタイヤ開発プログラム。この僅か1年の間に彼らが開発してきたタイヤで初の実戦レースをともに戦いましたが、ドライに関してもウエットに関しても、1年の開発期間とは感じられない高いレベルに仕上がっておりました。デイトナ24時間での総合優勝をはじめ、ルマン24時間、セブリング12時間、アメリカンルマンシリーズ、プチルマン等、多くのレースで実績を持つDarren Law選手が中心となり、Flying Lizard Motorsportsとともにタイヤ開発テストを続けてきたプロジェクトのスタートから約1年。

12309739_10153359652757875_2656564742901316052_o

実戦での初レースが過酷なThunderhillでの25時間レース。それを総合優勝という最高の形で締めくくれたには、常にパーフェクトなマシンを用意して、素早く完璧なピットワークで各スティントへ送り出してくれたFlying Lizard Motorsportsのスタッフ、25時間の過酷な状況下の中、一度もトラブル無く安定して走行できたAudi R8 LMS ultraの性能と信頼性。そして、デビューレースにも関わらず全スティントで安定したタイヤ性能を発揮する事ができたのは、Toyo Tiresがこのレースに向けて用意した200本(50セット)の開発用タイヤの性能と、Toyo Tires USAのアメリカ人スタッフや、日本のToyo Tiresからもチーフエンジニアの加藤さんを中心に3名体制でタイヤエンジニアの方がこのレースをサポートしてくださったおかげです。

12310056_10153359653232875_2183199981805765620_o

そして、Flying Lizard MotorsportsとToyo Tires USAが選定をして選ばれた、今回のドライバーランナップ。Darren Law選手、Johannes van Overbeek選手、Guy Cosmo選手等、ALMSやデイトナ24時間、セブリング12時間等、数々のメジャー耐久レースで多くの実績がある選手ばかりなので、耐久レースのスペシャリスト。彼らとともに25時間の長丁場を通じて完璧なチームワークで仕事をする事ができ良い経験になりました。

12140944_10153362488882875_1818567492648664308_o

丁度、1年前の12月。デイトナ24時間レースに向けてた交渉でダイレクトメールを送ったところから始まった自分のアメリカでの活動。12月22日に初めてサンフランシスコへ行きソノマのFlying Lizard Motorsportsのファクトリーへ行ってからまだ一年。デイトナ24時間レースに続き、今回はアメリカでのタイヤメーカーとの大きなプログラムに声を掛けてくれて、ドライバー契約をしてくれた事にとても感謝しています。特にDarrenやThomasがこの契約を進めてくれたので、彼らが目標としていた優勝という結果に貢献できて嬉しく思います。

12307346_10153359652512875_8922688783818013006_o

そして、世界各地の数々の耐久レースを制してきた現行「Audi R8 LMS ultra」に、最後の総合優勝をプレゼントできた事もとても嬉しく思います。

Flying LizardやToyo Tires USAのTwitterや車載ライブストリーミング映像等、日本から多くの応援をして頂きありがとうございました。

12357154_10153361208277875_5802282744957045121_o

これで、2015年の全てのレースが終了しました。
来シーズンの活動内容や体制等は発表できるタイミングになりましたら、ブログ等でご報告をさせて頂きます。

20151211-101751.jpg

デイトナ24時間から始まった2015年シーズン。SUPER GT、スーパー耐久、その他活動等、一年間沢山の応援を頂きありがとうございました!そして、来年も引き続き変わらぬ応援を宜しくお願いいたします!!

20151210-164831.jpg

今日は久々に家でゆっくり休んでいます。我が子が産まれて12日経ちましたが、アメリカへ行っている間にスクスク成長していました。今日は初めてお風呂とオムツ交換を担当。そして、今日は自宅にカメラマンさんを呼んで家族写真の撮影もしてもらいました(*^^*)

明日はスポンサー企業様の年末パーティーへ出席して、明後日からは香港へ行ってきます!

アメリカ・カリフォルニア「25 Hours of Thunderhill 2015」

2015/12/02

今日から再びアメリカ・カリフォルニアへ来ています!

先週まで、セブリング、デイトナ、ニューヨークに行っていてアメリカから帰国して5日間しか日本に居ませんでしたが、その間に第一子の出産があったりニスモフェスティバルがあったり、慌ただしくしている間に、またまたアメリカはサンフランシスコへ飛んできました。出発日(12/1)が大安だったので子供の出生届も出発前に出せました。

20151201-163153.jpg

今回の飛行機はJAL SKY SUITE 777。PSDSのパートナーでもあるエアウィーヴ S-LINEが用意されていて、フラットでとても深く寝ることができました。airweave 本当に良いですね!(*^^*)

FLM_R8_0

さて、北米では10月中旬に発表があり「ドライバーアナウンスは11月中旬に」との内容の通り、既にアメリカのメディアでは11月12日に発表されていますが、今週末にカリフォルニアの北部(サンフランシスコから北へ3時間位の場所)で開催される「25 Hours of Thunderhill 2015」へFlying Lizard Motorsport&Toyo TiresチームよりAudi R8 LMSで参戦する運びとなりました。

FLM_R8_2

まずは、デイトナ24時間レースに続き、アメリカで再びFlying Lizard Motorsportsと仕事ができる事を嬉しく思います。そして、今回のこの新プログラムはToyo Tires USAがタイトルスポンサーを続けているThunderhillでのレースに、Flying Lizard MotorsportsとToyo Tiresのワークスカラーが表現されたAudi R8 LMSで参戦、Flying Lizard MotorsportsとToyo Tiresが今年よりアメリカで続けてきたタイヤ開発テストにより熟成されたToyo Proxesスリックタイヤのパフォーマンスを北米で最もレース距離の長い25時間レースで実戦するというとても重要なプログラムです。

そして、このような北米でのタイヤメーカーのプログラムにオファーを頂きドライバー契約をして頂けた事に感謝しています。

FLM_R8_3

1年前は未知の国だったアメリカ。デイトナ24時間の交渉で飛び込みのダイレクトメールから全てが始まり、デイトナ24時間でのジョイントを通じて、今回は逆にアメリカからオファーを頂いた事に不思議な縁を感じています。

北米ではマシンカラーリングが発表され多くの注目を集めていましたが、日系のタイヤメーカーとしてアメリカで大きなシェアを持つタイヤメーカーのToyo Tires USAと、アメリカのGTチームとして長い歴史とリザルトを持つメジャーチームであるFlying Lizard Motorsportsのパートナーシップに関する発表はとてもインパクトが強かったようです。

鮮やかなToyo TiresのブルーとFlying Lizardのイメージが上手くミックスされていてとてもクールでカッコいいですね!

FLM_R8_1

マシンはAudi R8 LMS。このR8 GT3を使ってアメリカで何度も開発テストが続けられたToyo Proxesタイヤのパフォーマンスも楽しみですし、デイトナ24時間でも感じたFlying Lizardの強さとチーム力、そして、数々の耐久レースを制したAudi R8 LMSの信頼性があれば良いレースができると思います!個人的にも2010-2013年のSUPER GT以来のタイヤメーカーのワークスプログラム。全てがとても楽しみです。

FLM Thunderhill card_1 (1280x855)

11月中旬のドライバーアナウンスで発表された4人は、ALMSやルマン24時間、デイトナ24時間、セブリング12時間等で多くの実績を持つアメリカ人のベテランプロドライバーのDarren Law選手、Johannes van Overbeek選手、Guy Cosmo選手、そして僕の4人で戦います。

FLM Thunderhill card_2 (1280x897)

Thunderhillはテクニカルコーナーが続くレイアウトでマシンにもタイヤにも過酷なサーキットです。レースに関してはFIA-GT3からロードカーベースのマシンまでが混在するニュル24時間のような耐久レースです。

お知らせのタイミングが遅くなりましたが、ようやく飛行機でこのブログを書いたので、サンフランシスコ空港へ着きUPできました。今日はこの後レンタカーを借りて3時間程走り今夜にはThunderhillへ到着する予定です。

明日(アメリカ時間は12/2日)からはチームの公式プログラムが始まりますので、Twitter (@tomonobufujii) を中心にちょくちょく情報発信していきます!! http://twitter.com/tomonobufujii/

■Flying Lizard Motorsports Joins Toyo Tires to Compete in USAF 25-Hours of Thunderhill
http://www.lizardms.com/news/releases/2015/oct-15.html

■Flying Lizard and Toyo Tires Reveal Thunderhill Drivers
http://www.lizardms.com/news/releases/2015/nov-12.html