BLOG

POLE to WIN!優勝できました!

2018/07/15

スーパー耐久Rd4オートポリス戦。
ポールポジションからスタートし、長丁場の5時間レースで優勝できました!

555695CE-73A6-422C-843A-072122568CBB

73C9161D-1FE7-4BEB-ACDE-738DEDBC2C75

今日の勝利は、内田選手や平峰選手の速くて安定した走り、KONDO RACING&日産自動車大学校チームの全スタッフの完璧な仕事、そして、何より学生スタッフの頑張りによって引き寄せた優勝です。

2018_ST4-03003

2018_ST4-03836

Rd1鈴鹿は2位、Rd2 SUGOは3位と優勝へ一歩届かずの悔しい前半戦を終えて、Rd3 富士24時間をスキップしたので、このRd4オートポリスではどうしても優勝が欲しいと思っていました。

DCF43823-7BB6-4FF1-87CB-5A2AD1174EFD

そして、担当校の日産自動車大学校・愛媛校にとっての初優勝!

愛媛が水害の被害に見舞われてしまい、複雑な想いを抱えながら、今回のレースをサポートしてくれた愛媛校の学生スタッフと一緒に勝利を得られた事に意味があると思います。

応援してくださった皆さんも本当にありがとうございました!

2018_ST4-05378

2018_ST4-04925

KONDO RACINGにとっては先週のスーパーフォーミュラに続き、2週連続のPOLE to WIN!近藤監督、おめでとうございます!

今週はスーパー耐久 Rd4オートポリス

2018/07/12

今週は久々のスーパー耐久。前戦のRd3富士24時間レースをスキップしたので、4月末のRd2 SUGO以来、久しぶりです。

048E5DCB-75E6-4869-A06C-907B7AD15ABF

B58F8B7B-6D42-44D7-B721-3EB19855819C

今回は日産自動車大学校 愛媛校の学生スタッフがチームをサポートしてくれています。愛媛校は水害の影響が無かったようですが、県内では大きな被害が出ている地域もある中で迎える今回のオートポリス戦。

E36BD6C1-5422-4E52-8CD3-3A186E4FE811

326090E7-B6EC-49C2-8C1C-DC93E132B059

色々な想いがありますが、彼らと一緒に、そして、内田選手、平峰選手、チームスタッフ、皆で力を合わせて精一杯頑張ります。

今週末も応援宜しくお願いします。

CA483A04-7900-4083-A534-3EBB52411A88

4938A0AB-ABE4-4DA5-8292-83679224D7A1

自然災害の怖さ

2018/07/09

先日、発生しました豪雨災害により被災された方々、被害を受けられた地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

ちょっと前に広島空港へ行った時は全く大丈夫でしたが、この辺りも今は大変な状況のようで心配です。

462EB423-347F-4F0C-B3D8-6FA5EF98C88D

自分も、先週は富士へ行った帰りが突然の強烈な豪雨だったり、週末の神戸でのイベントへ向かう途中も豪雨により新幹線が止まり列車内で缶詰になったり、雨により出張先への移動も大変な状況でした。

とにかく、各所のニュースを見ていても、改めて自然災害の怖さを痛感します。地震を含めて自然災害はいつどこで起きるか予測ができないだけに恐ろしい。

一日も早く被災地が落ち着き、被災された皆様に平穏な日々が戻りますことを心からお祈りいたします。

鈴鹿10時間耐久レース参戦体制のお知らせ

2018/07/04

本日、チームから発表された通り、今年から始まる鈴鹿10時間耐久レースへD’station Racingから参戦できる事を嬉しく思います。

31ED5C18-E433-42E8-97A2-565BFE3A2777

SUPER GTでコンビを組む、スヴェン・ミューラー選手に加え、2015、2017年のル・マン24時間レースで2度の総合優勝を挙げたアール・バンバー選手と3人体制にて戦います。

バンバー選手とは、彼がポルシェファクトリードライバーになる前からアジアで何度か交流があり良く知っているドライバーです。スヴェン選手、バンバー選手とともに10時間レースの総合優勝を目指して頑張りたいと思います。

そして、チームオーナーの星野敏 選手、近藤翼 選手、ジョノ・レスター選手が参戦する77号車のD’station Porscheとともに、2台で両クラスを制覇できるよう力を合わせて頑張ります!

AACF5B6B-2734-4C92-BECD-F13E5D59B7ED

5月末に行われた鈴鹿10時間の公式テストではトップタイムも出て、マシンの仕上がりもまずまずだと感じています。先程、公開されたエントリーリストを見ると、日本や海外から多くの強豪チームが集まるので、とてもハイレベルなレースになると思います。

31712493-06A7-49E1-B879-C909947B4053

ポルシェ勢も、911号車 Manthey racing、92号車 Craft Bamboo Racing、7号車 D’station Racingの3チームにファクトリードライバーが派遣され、この鈴鹿10時間耐久レースに向けて力が入っていると感じます。

是非、8月25日~26日は鈴鹿10時間耐久レースへ応援に来てください。
ホワイト/グリーン、グリーン/ブラックの2台のD’station Porscheが揃うのも初めてなので楽しみですね!

news180704-Suzuka10h

■関連記事
D’station Racing 鈴鹿10時間耐久レース参戦体制リリース
http://dstation-racing.jp/news/news180704-suzuka10h.html
D’station Racing、鈴鹿10時間の参戦体制を発表。バンバーら起用し2クラス制覇狙う
http://www.as-web.jp/supergt/386875
鈴鹿10時間の暫定エントリーリスト公開。世界各国の豪華ドライバー集結へ
http://www.as-web.jp/sports-car/386933

佐々木総監督からの嬉しかった一言

2018/07/03

今朝、帰国しました。

今回の決勝レースは、苦しいペース、タイヤマネージメントをしながらの担当スティントでした。スヴェンにドライバー交代を終えてマシンを降りると、「藤井クンお疲れ様!」と佐々木総監督が笑顔で握手をしてくださいました。

佐々木さんからしたら何気ない一言と握手だったのかもしれませんが、良い結果が出た時に掛けてもらった言葉以上に、騙し騙し走らなければならない苦しかった時の、この一言が今でも強く印象に残っています。ありがとうございます。

6CB7EE8D-B58F-4904-AAFC-02363654975D

2018_GT4-04355

今回のSUPER GT Rd4タイ戦は、昨年のような表彰台とはいかず、苦しい戦いでした。今回の我々には“速さ”という武器が無く、アベレージラップでは残念ながらトップグループへ絡めるだけの勢いがありませんでした。

2018_GT4-06209

そんな中で8位まで追い上げられたのは、チームの皆が万全の準備でマシンを仕上げてくれたお蔭ですし、あの高温、熱い路面温度の中でもタイヤ無交換作戦を実現できる、横浜タイヤさんに準備をして頂いたタイヤのパフォーマンスにも助けられました。

スヴェンの後半スティントも本当に苦しい中での走行だったと思いますが、タイヤを持たせつつ順位も上げてくれて素晴らしい走りでした。

ED1C0AA2-9A94-4381-8CB4-6FF72CAC6D51

5EFEFC5C-125D-4A5F-8BE0-DEE920B309D4

早くも、2018年のSUPER GTも4戦を終え、折り返しを迎えました。今のところ表彰台1回、4戦中3戦でポイント獲得。苦しい時でも状況なりの最低限のポイントは獲れているとは思いますが、チャンピオンシップを考えるとビックポイントが欲しい。

当然、ハンディウエイトも増えて、次戦の富士は46kg。徐々に重いマシンになっていますが、ポイントを重ねているライバル勢も同じ。

そろそろ今季2度目の表彰台?、と言うより、スヴェンとともにD’station Racingでの優勝が欲しい。

AAF28AB8-23BC-4B76-A0CC-5D6D5B67242D

bog180704011

MY18仕様のPorsche 911 GT3Rはエアロが変わり、フロントの仕事が増えた分、RRレイアウトのPorscheがより旋回寄りのマシンになりました。特に中・高速コーナーが速くなった事が今年のアップデートによる変化。もちろん、ダウンフォースが増えた分、その代償として、ストレートスピードは苦しくはなるので、これまでは相性が良いと思っていた富士が少し苦手なサーキットになり、逆にSUGOが期待できるサーキットになったのでは?と感じています。

次の富士は500マイル(×1.6km=約800km)。MY18仕様の利点を残しつつ、速さと決勝での強さを伸ばせるようにチームとミーティングを重ねて、次戦に向けて準備をしていきたいと思います。

2018_GT4-04027

2018_GT4-03357

8月は、SUPER GT富士も500マイル。そして、月末には鈴鹿10時間レースもあり長丁場が続きます。

後半戦に向けて気持ちはとてもポジティブです。
引き続き応援してください。

PREV