BLOG

レンジローバースポーツの物凄い動画!

2018/02/16

レンジローバースポーツを使った面白い動画が各所に出ていて話題になっていましたね!!

492083FC00000578-0-image-a-53_1518425095744

ホーピン・タン選手が、傾斜が45度もある999段もの石段をSUVのレンジローバースポーツで登る動画!
あらゆる路面や傾斜に対応できる制御システムのテレインレスポンスという機能があるとはいえ… このチャレンジは凄いし面白い。(※危ないけど・・・汗)

ちょうど、大阪オートメッセの翌日から今日までの4日間は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンさんの仕事をさせて頂いていた真っ只中だったので、タイミング的にもこの動画に目が釘付けでした!↓↓↓

さて、これからまた移動します。2月7日からテストやイベント等の仕事でずっと出張先を転々としていますが、明日、明後日のランボルギーニさんの仕事が終わったら久々に家に帰れそうです。

来週末までずっと忙しいですが、もう少し頑張りたいと思います。

2018年スーパー耐久参戦体制のお知らせ

2018/02/12

本日、日産/ニスモの2018年モータースポーツ活動にて発表された通り、今シーズンもニスモ契約ドライバーとしてKONDO RACING&日産自動車大学校の共同プロジェクトへ携わる事ができ嬉しく思います。

Blog18021201

このスーパー耐久プロジェクトの立ち上げから継続的にチャンスを頂いている、日産/ニスモ、日産自動車大学校、KONDO RACINGや近藤真彦 監督をはじめ関係者の皆様に心から感謝をしております。

スーパー耐久の活動を通じて日産自動車大学校の学生と共に戦うユニークなプロジェクトも既に7年目を迎えました。昨年は惜しくもシリーズ2位に留まりましたが、今シーズンは再びチャンピオンを奪還できるよう気を引き締めて挑む所存です。

今シーズンも力強い応援を宜しくお願いいたします。

Blog18021203

■日産/ニスモ、2018年のモータースポーツ活動
https://newsroom.nissan-global.com/releases/180212-01-j?lang=ja-JP

大阪オートメッセ 日産ブーストークショー

2018/02/10

今日から3日間は大阪オートメッセです。
日産ブースでは、NISMOドライビングアカデミーを主題としたトークショーを校長のミハエル・クルム選手と一緒にさせて頂いています!

93F85BC1-24CD-4FF7-858F-47797707725B

オートメッセにご来場される方は、是非、日産ブースへ足を運んでください。

◾️NISMO Driving Academyトークショー
出演者:ミハエル・クルムNISMOアンバサダー、藤井誠暢
2月10日(土) 14:30~15:00
2月11日(日) 11:30~12:00
2月12日(月) 15:00~15:30

日産自動車のYouTubeでライブ配信もあります。
詳細はこちら(https://twitter.com/NISMO_JP)に載っています。是非、ご覧ください。

47DFA676-B4E9-441A-BDA5-FDD96B168043

21F37E2D-1DC3-4582-AD4D-13421BA08FF5

(※今日のトークショーが日産自動車のYouTubeにアップされていました)

2018年SUPER GT参戦体制のお知らせ

2018/02/07

本日、チームの公式サイトにて発表された通り、2018年のSUPER GTへD’station RacingからPorsche 911GT3Rで参戦いたします。

0D628F62-9537-44FA-9714-1B2A304CE4BB
6937B2C2-B617-4721-9BD9-0EAE94CCC12A

昨年はD’station Racingのチーム結成から始まり慌ただしい一年間でしたが、2回の3位表彰台を含めて、8戦中7戦で安定してポイントを重ねることができシリーズ7位で初年度を終えました。その中で最終戦のモテギを含めて、噛み合えば優勝できたレースもあったと思います。

2年目となる今シーズンは結果を掴む年だと思っています。星野敏チームオーナーや佐々木主浩 総監督、武田敏明 監督のもと、スヴェン・ミューラー選手やチームと共に、まずは早い段階での優勝、そしてシリーズチャンピオン獲得を目指して全力を尽くす所存です。

今シーズンも#7「D’station Porsche」を応援してください!
(※車両ゼッケンが変わりました)

■D’station Racing 2018年SUPER GT参戦体制発表リリース
http://dstation-racing.jp/pdf/2018/20180207_1.pdf

■AUTOSPORT web
http://www.as-web.jp/supergt/274848

■Yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00010002-msportcom-moto
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00274848-rcg-moto

マクラーレン570S / 720Sの魅力

2018/02/04

今週の全ての仕事が終了。
週末はマクラーレンさんのイベントでした。
(今週末も世界の荒さんと一緒に仕事でした)

40949269-C18E-45CB-B7BF-4C8A01FF981A

F1コンストラクターから始まったヒストリーを持ち、誰もが知る「マクラーレン」の名を付けたブランドのロードカー。そりゃー憧れますね。

以前のマクラーレンのロードカーと言えば90年代に発売された「マクラーレンF1」ですね。新車価格が約1億円で限定発売されたロードカーが、今では15億円?で売買されているとの記事を見たこともあります。

4EC55A0D-062F-40D7-B45D-352AFEAA5CFD

そんなマクラーレンブランドのロードカーは、2009年にマクラーレン・オートモーティブ社としてのロードカー製造が始まり、2011年にはMP4-12Cがデビュー。その後も数々のモデルがラインナップされていますが、イベントでは570Sや720Sのパフォーマンスを十分に堪能させて頂きました^ ^

4C670541-C8D7-43D9-82C8-58523C865658

とにかく、動きが軽くて、その速さと運動性能、完成度に驚きました。

AA4ECAC9-C0AF-4719-903B-EF31BC91FBC2

軽くて剛性の高いカーボンモノコックのシャーシに570馬力や720馬力のハイパワーなエンジンをミッドシップレイアウトで搭載しているので、走っていてコントロールをするのも楽しいですね。

1AD04F20-71A1-45D3-A762-81493DC3705E

特にマクラーレンのメカニズムが豊富に注ぎ込まれたシャーシ造りや足回り、エアロダイナミクスが素晴らしく、その造り込みは芸術的です。

BE83C41C-FED4-4900-AE45-1AE81F4F8D8D

1D058B90-4F94-438F-83FB-ACCCBC3084E0

素晴らしい機会を頂きありがとうございました!


(※↑↑↑ マクラーレン720Sのパフォーマンスを紹介している動画も発見しました)

720Sに搭載される新機能の「可変ドリフト・コントロール」もユニークですね。
モニタを指でスワイプするだけでドリフト角度を設定でき、誰でもスライドコントロールを楽しめるとか・・??

PREV